メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「うずら豆」検索結果。

うずら豆の商品検索結果全256件中1~60件目

送料無料
豆力特選 北海道十勝産 うずら豆 10Kg

Amazon

8,900

豆力特選 北海道十勝産 うずら豆 10Kg

栽培履歴管理商品のうずら豆です。うずらまめの名は種皮の模様が鶉(うずら)の卵に似ていることに由来します。淡褐色の地に赤紫色の斑紋を持ち、円筒形をしています。うずらまめは、煮豆や甘納豆の原料として用いられています。豆類には、食物繊維、サポニン、ポリフェノール等の機能性成分が多く含まれており、最近、これらの健康に及ぼす効果が注目されています。 調理例、用途 1)ボール等に入れ水で洗った後、4倍量の水に漬け6~8時間程度(豆や季節により若干異なる)置く。均一にふっくら膨らんだらOKです。2)豆と3倍量の水を鍋に入れ、蓋をしないで中火~強火にかけます。3)沸騰し始めたら、そのまま数分煮立ててから差し水をし、再び煮立ったら、泡状に浮いてくるアクをすくい取ります。なお、沸騰後、煮汁を一旦捨てて新しい水に入れ替える「ゆでこぼし」によりアク抜きをする方法もあります。4)その後、弱火にして落とし蓋をし、途中、水分の蒸発により豆が湯からはみ出さないよう適宜差し水をしながら、指で押してつぶれる程度軟らかくなるまでゆで上げます。5)最後に味付けをします。6)煮豆やサラダ等にお使いください。

豆力特選 北海道十勝産 うずら豆 1kg

食べもんぢから。

1,180

豆力特選 北海道十勝産 うずら豆 1kg

名称 うずら豆 規格・等級 1Kg(250g×4袋 便利な小分けタイプ) 商品説明 栽培履歴管理商品のうずら豆です。うずらまめの名は種皮の模様が鶉(うずら)の卵に似ていることに由来します。淡褐色の地に赤紫色の斑紋を持ち、円筒形をしています。うずらまめは、煮豆や甘納豆の原料として用いられています。 豆類には、食物繊維、サポニン、ポリフェノール等の機能性成分が多く含まれており、最近、これらの健康に及ぼす効果が注目されています。 年度産 2017年度産 産地 北海道 十勝 賞味期限 包装から2年 調理例、用途 1)ボール等に入れ水で洗った後、4倍量の水に漬け6~8時間程度(豆や季節により若干異なる)置く。均一にふっくら膨らんだらOKです。2)豆と3倍量の水を鍋に入れ、蓋をしないで中火~強火にかけます。3)沸騰し始めたら、そのまま数分煮立ててから差し水をし、再び煮立ったら、泡状に浮いてくるアクをすくい取ります。なお、沸騰後、煮汁を一旦捨てて新しい水に入れ替える「ゆでこぼし」によりアク抜きをする方法もあります。4)その後、弱火にして落とし蓋をし、途中、水分の蒸発により豆が湯からはみ出さないよう適宜差し水をしながら、指で押してつぶれる程度軟らかくなるまでゆで上げます。5)最後に味付けをします。6)煮豆やサラダ等にお使いください。 配送方法 宅配便

送料無料
豆力特選 北海道十勝産 うずら豆 10kg

食べもんぢから。

8,900

豆力特選 北海道十勝産 うずら豆 10kg

品種 中長うずら 規格 10Kg 商品説明 栽培履歴管理商品のうずら豆です。うずらまめの名は種皮の模様が鶉(うずら)の卵に似ていることに由来します。淡褐色の地に赤紫色の斑紋を持ち、円筒形をしています。うずらまめは、煮豆や甘納豆の原料として用いられています。 豆類には、食物繊維、サポニン、ポリフェノール等の機能性成分が多く含まれており、最近、これらの健康に及ぼす効果が注目されています。 年度産 2017年度産 産地 北海道 十勝 賞味期限 特に設定なし 調理例、用途 1)ボール等に入れ水で洗った後、4倍量の水に漬け6~8時間程度(豆や季節により若干異なる)置く。均一にふっくら膨らんだらOKです。2)豆と3倍量の水を鍋に入れ、蓋をしないで中火~強火にかけます。3)沸騰し始めたら、そのまま数分煮立ててから差し水をし、再び煮立ったら、泡状に浮いてくるアクをすくい取ります。なお、沸騰後、煮汁を一旦捨てて新しい水に入れ替える「ゆでこぼし」によりアク抜きをする方法もあります。4)その後、弱火にして落とし蓋をし、途中、水分の蒸発により豆が湯からはみ出さないよう適宜差し水をしながら、指で押してつぶれる程度軟らかくなるまでゆで上げます。5)最後に味付けをします。6)煮豆やサラダ等にお使いください。 配送方法 宅配便

2017年度産 北海道産 大正金時うずら豆(うずら豆)【1kg】

アメ横大津屋スパイス・豆の専門店

1,328

2017年度産 北海道産 大正金時うずら豆(うずら豆)【1kg】

原産国:日本北海道河西郡産 原材料:大正金時うずら豆 形態:袋入り 賞味期限:300日 保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。 開封後はどうぞお早めにご使用下さい。 和名:イングンマメ、サイトウ 高名:隠元豆、菜豆 英名:kidney bean,haricot bean,common bean,bean 性状:蔓無しまたは蔓性の1年生草本。蔓性は1.5~3m、蔓無しぱ30~50cmになります。 花は白、談紫または赤紫の蝶形で、花札がコイル状に3回程度回転しています。 莢の長さは10~20cmで、5~7粒の種子を含みます。 種子の長さは5~20mmで10mm強が多く、種皮色ぱ多様で、白、黄、茶、褐、黒の他に様々な斑紋種があります。 非常に種類が多く、日本では種皮の色、子実の大きさにより、さらに、金時豆、手亡うずらまめ、虎豆、大福豆に分かれます。 いんげんまめは「べにばないんげん」などとともに、イングン属に属し、双方を合わせて単に「いんげん」と総称される場合もあります。 また、いんげんまめは「菜豆」とも呼ばれます。 非常に種類が多く、「金時豆」、「手亡」、「うずらまめ」、「虎豆」、「大福豆」などがこれに合まれます。 いんげんまめは諸外国では最も日常的に食されている豆の一つで、その種類は多様です。 原産地は中南米ですが、渡来は17世紀の中頃、中国から隠元禅師によってもたらされ、 禅師の名にちなんで「隠元豆」と呼ばれるようになったと伝えられています。 しかし、実はそれは「ふじ豆」という別の種類の豆であったとの説もあります。 本格的な栽培は北海道の開拓が始まる明治時代になってからで、アメリカ産の種子が輸入され、栽培が始まりました。 現在、北海道がいんげんまめの主産地で、国内生産の大部分を占めています。...

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク