メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ごはんパック」検索結果。

ごはんパックの商品検索結果全237件中1~60件目

送料無料
玄米・雑穀 パックライス 5種20食セット (即席 レトルト パック ごはん)

Amazon

5,418

玄米・雑穀 パックライス 5種20食セット (即席 レトルト パック ごはん)

玄米・雑穀パックライス、5種20食セット。 (玄米小豆、有機玄米、安心玄米、十六穀、もち麦) 電子レンジで温めるだけ! こだわり抜かれた材料を使用したご飯のレトルトパックがセットになりました! 炊き方や素材にこだわりがあるため、様々な食感や風味をお楽しみいただけます。 もち麦、雑穀、玄米と体に良いご飯がご家庭で簡単に味わえます。 長期保存も可能なので保存食や非常食にも♪ ●コジマフーズ 玄米小豆ごはん 国産有機玄米&小豆100%使用! 有機栽培うるち玄米と栽培小豆が織りなす素朴な味のハーモニー。 ●コジマフーズ 有機玄米ごはん 国産有機玄米100%使用! ふっくらとした絶妙の炊き加減と、噛むほどに味わい深い玄米本来の旨味が特長です。 ●残留農薬ゼロ 安心 玄米ごはん マイセンの玄米は残留農薬ゼロで自然乾燥なので安心安全でエネルギーも満点です。 玄米食用に調整がされているので簡単調理で味わいが深いごはんです。 ●はくばく 十六穀ごはん 無菌パック 香りや食感の個性、調和する味わいをひとつひとつ確かめながら選んだ十六種類の穀物。 さまざまな環境で栄養をたっぷり蓄えてきた一粒一粒は、栄養多彩。 ●はくばく もち麦ごはん 無菌パック お米にウルチ米とモチ米があるように「もち麦」はモチ性の大麦。 ウルチ性の大麦に比べ、もちもちプチプチした食感と香り高い味わいが特徴です。 もち麦は食物繊維が豊富。1パック(150g)で1日の不足分の食物繊維約96%が補えます。 【注意点】 ※2017年5月より小豆の原料のみ有機でなくなりました。※メーカーの都合により、商品のパッケージが変更する場合がございます。

残留農薬ゼロ 安心 玄米ごはん 160g入×10個セット (マイセン レトルト パック ごはん)

Amazon

4,000

残留農薬ゼロ 安心 玄米ごはん 160g入×10個セット (マイセン レトルト パック ごはん)

ほっこりおいしくてとっても便利な、マイセンのレトルト安心玄米ごはん。 レンジで温めるだけで簡単!福井県産コシヒカリを100%使用!もっちもちの玄米ごはんが食べられます! ●噛むほどに甘く、滋養たっぷりな常識やぶりの玄米です! 玄米は、収穫したお米から、一番外側の籾殻(もみがら)だけを取り除いたもので、この玄米から、糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除くと白米になります。 糠と胚芽を含む玄米には、良質の食物繊維がたっぷり含まれ、精白米との差は何と9倍! また、ビタミンB1は約5倍、ビタミンEは約4倍、各ミネラルも数倍、そして、体内の不要なものを排出してくれるフィチン酸も多く含まれています。 栄養豊富な玄米は、身近で安価な健康食。 ●残留農薬ゼロで、安心! マイセンでは、安心安全なお米をお届けすることを使命とし、微生物の力を借りる「微生物自然農法」でお米を育て、さらに、最終的にみなさまが召し上がるお米が、間違いなく安全なものかを確かめるため、毎年の残留農薬検査を欠かさず行っています。 長年化学肥料は一切使用せず、有機肥料と微生物の力を借りてお米を育てる、環境にも人にもやさしい「微生物自然農法」を続けた結果、タニシやドジョウ、トンボが棲む、健全な田んぼができました。 だから、安心して食べられる、安全でおいしいお米を育むことが出来るのです。

残留農薬ゼロ 安心 玄米ごはん 160g入×5個セット (マイセン レトルト パック ごはん)

Amazon

1,645

残留農薬ゼロ 安心 玄米ごはん 160g入×5個セット (マイセン レトルト パック ごはん)

ほっこりおいしくてとっても便利な、マイセンのレトルト安心玄米ごはん。 レンジで温めるだけで簡単!福井県産コシヒカリを100%使用!もっちもちの玄米ごはんが食べられます! ●噛むほどに甘く、滋養たっぷりな常識やぶりの玄米です! 玄米は、収穫したお米から、一番外側の籾殻(もみがら)だけを取り除いたもので、この玄米から、糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除くと白米になります。 糠と胚芽を含む玄米には、良質の食物繊維がたっぷり含まれ、精白米との差は何と9倍! また、ビタミンB1は約5倍、ビタミンEは約4倍、各ミネラルも数倍、そして、体内の不要なものを排出してくれるフィチン酸も多く含まれています。 栄養豊富な玄米は、身近で安価な健康食。 ●残留農薬ゼロで、安心! マイセンでは、安心安全なお米をお届けすることを使命とし、微生物の力を借りる「微生物自然農法」でお米を育て、さらに、最終的にみなさまが召し上がるお米が、間違いなく安全なものかを確かめるため、毎年の残留農薬検査を欠かさず行っています。 長年化学肥料は一切使用せず、有機肥料と微生物の力を借りてお米を育てる、環境にも人にもやさしい「微生物自然農法」を続けた結果、タニシやドジョウ、トンボが棲む、健全な田んぼができました。 だから、安心して食べられる、安全でおいしいお米を育むことが出来るのです。

送料無料
魚沼産 コシヒカリ パックごはん10パックセット(選べる3種類。詳細は説明文に記載)

Amazon

4,100

魚沼産 コシヒカリ パックごはん10パックセット(選べる3種類。詳細は説明文に記載)

産地指定の魚沼地域とコシヒカリの特徴 産地を選りすぐっております。日照条件・水の質と供給が標高や周辺地形、これらの環境条件を満たしたところで行います。 具体的には南魚沼・十日町に限定しております。これらの地域は、清らかな水を潤沢に供給しています。 またこの辺りの地形は、丘陵上にありながらも広大で緩やかな傾斜面、もしくは平坦に近い地形でもあり陽当たり良好です。 特徴的なのが夏場の気候です。特に8月中旬以降の気候が、日中で35℃程度の気温が、夜間には25℃かそれ以下にまで下がり昼夜気温差が10℃からあります。 そしてこの8月中旬以降こそが、まさにコシヒカリの登熟(米が熟する)期間に重なっています。 稲は言うまでも無く植物で、そして米は稲の種子にあたります。稲は自らの生育はもちろん、種子の生育にも光合成(炭酸同化作用)を行います。 種子(米)の生育の場合ですと、根から吸収した養分(主に窒素分等)を光合成でデンプン質に変換します。デンプン質は唾液と反応してブドウ糖に変換されますし、また他方では弾力や粘りの要素でもあります。 この登熟の仕組みを魚沼地域の気候に当てはめると、日中は充分に光合成を行ない潤沢なデンプン質を生成し、夜間は気温が下がるために生成したデンプン質の消費が少なく抑えられます。 魚沼の気候では、デンプン質が豊富なふっくらとした甘みや旨みを持った米になると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク