メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ちくわ」検索結果。

ちくわの商品検索結果全127件中1~60件目

かまぼこ ちくわ 小田原 焼ちくわ  6本入

Amazon

1,580

かまぼこ ちくわ 小田原 焼ちくわ 6本入

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

まるさん蒲鉾 阿波の踊り 生竹ちくわ 6本入り BBQに最適です 日時指定可

Amazon

1,000

まるさん蒲鉾 阿波の踊り 生竹ちくわ 6本入り BBQに最適です 日時指定可

本来竹ちくわと言えば出来あがった茶色の焼き目が付いたものを想像すると思います。 ですが、この生竹ちくわの場合は、まず、見た目が白いということが一番印象に残るのではないでしょうか。 そしてなによりも、この商品は焼き立てを食べていただきたいという思いから造りました! 竹は地元の山から切り出した天然の生竹を使用しております。 生竹は焼き上げた時に、風味豊かな竹の薫りが口の中で拡がります。 この商品の一番の特徴は、焼きたてという事で、まるで焼き魚を食べているかのような味わいを感じていただけます。 竹を持って、じっくり時間をかけて、おいそうに焼き目がつくのを待つ時間もまた楽しみなものとなっております。 両手で竹を持って食べるのが阿波スタイルです。 アツアツに、かじりついた時に、歯に感じるパリッとした食感の後にモチモチしていながら、ふわふわな食感が続き、口の中にはまるで焼き魚を食べているかのような風味が拡がり、その後、爽やかな生竹の後味が残る、今までになかった逸品になっております。 この商品は既存の竹付きちくわをブラッシュアップした商品であり、本来、竹付きのちくわは、酒の肴や、おやつとしてそのまま食べるのが常識であったのを出来立ての竹ちくわを食べて頂きたいというコンゼプトのもと、通常であれば製造工程で輻射熱によって焼く事によって加熱するところを、蒸し揚げる事で商品の表面を白く仕上げ、食べて頂く時に再加熱して出来立ての食感と風味を体感して頂ける商品となっております。

土佐のにぎり竹輪(ちくわ) 5本セット 手作り仕込みの決定版

Amazon

2,549

土佐のにぎり竹輪(ちくわ) 5本セット 手作り仕込みの決定版

~うまい竹輪(ちくわ)の決定版~ 手にぎり焼き竹輪(ちくわ) 土佐の竹輪5本セット 手作りがいまに生きる土佐の焼きちくわです。 チクワは、魚肉をねりあげたものを竹にまきつけて作るから「竹輪(ちくわ)」と呼ぶそうです。 確かに、真中の穴をみると竹があった「跡」があります。でも、実際にそうして焼いているのはごくわずか。ほとんどのものは、形だけ穴が開いている「工業製品」なのですね。 今回ご紹介する「手にぎり焼きちくわ」は、その名前どおり、一本一本をひとの手がにぎって作った竹輪です。ちゃんと竹もあります。 手で握ったからといって美味しくなければ意味がありません。手にぎり焼きちくわの美味しさは、「固すぎない、やわらかすぎない」ところだと思います。 小麦粉その他のいわゆる 「つなぎ」をほとんど使わず 、新鮮な魚の練りこみを主な原料にしております。だからこそ、お口に運んだときの風味がまるで違います。本物は新鮮な魚の香りがするのです。 材料にこだわるこの会社は、さらに水にもこだわっています。早い段階から 海洋深層水 研究に加わり何度も実験を繰り返すことで、おいしい蒲鉾(かまぼこ)を追いかけてきた会社です。 こちらの 手にぎり竹輪(ちくわ) (1) 焼きちくわ(小) 、(2) ネギ 、(3) ごま 、(4) イカ 、(5) 明太子(めんたいこ) 、の5種類をセットにしました 。 いまブームになりつつある土佐の新名物「 鍋焼きラーメン 」には必ず竹輪が使われることになっています。それくらい土佐と竹輪の結びつきは昔から深いものがあるのです。 ぜひ一度「土佐の手作り竹輪(ちくわ)」をおためしください。 送料735円(チルド冷蔵便限定・代金引換は+210円)。 【商品内容】 品名:魚肉練り製品(焼きちくわ) 共通原材料名 :魚肉(たら)、でんぷん、食塩...

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の香  小田原かまぼこ(白2本)、だてまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

6,770

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の香 小田原かまぼこ(白2本)、だてまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

特上 小田原かまぼこ 贈答用箱入詰合 花波  特上 小田原蒲鉾(赤2本)、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

7,500

特上 小田原かまぼこ 贈答用箱入詰合 花波 特上 小田原蒲鉾(赤2本)、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

寿寿香竹ちくわ 8本 706

Amazon

888

寿寿香竹ちくわ 8本 706

徳島名産品の中でも、人気の竹ちくわ。 ビールのつまみや幅広くお料理に使えるのが、女性にとって嬉しい食材のひとつです。そのまま、丸かじりも最高です。 ■賞味期限:約5日 ■保存方法:要冷蔵(冷蔵庫にて保存) ■入り数 :8本 ■製造業者:寿々香蒲鉾 【当店スタッフBさんの感想】 竹ちくわならではのコシコシとした食感は クセになりますよ! 冷蔵庫にあれば重宝します。 【当店スタッフDさんの感想】 普通のちくわとは違い、ほんのりと竹の香りがして、 食欲をそそります。 プリプリの食感で、そのまま食べるのが好きです。 お酒のおつまみにも好評です。 【当店スタッフAさんの感想】 私は煮物にも使います。弾力性があって、 じゃがいもやコンニャクと一緒に甘辛く煮込むと、 よく味がしみ込み美味しいです。 寒い季節には、おでんの材料にお勧めです! 【当店スタッフCさんの感想】 肉厚で歯ごたえがあり、そのまま丸かじりが 私のお勧めの食べ方です! 【当店スタッフFさんの感想】 そのまま食べても美味しいです。 魚のすり身が厚くて、食べ応え十分です。 【当店スタッフEさんの感想】 あまり塩分が濃くなくあっさりで、もちもちしています。 そのままでも十分美味しいですが、軽く焼いたら、 また違った美味しさが味わえました。

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 花波  小田原かまぼこ(白2本)、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

6,170

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 花波 小田原かまぼこ(白2本)、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めまし た。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わい を支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝 ・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 花波  小田原かまぼこ(赤2本)、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

6,170

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 花波 小田原かまぼこ(赤2本)、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の香  小田原かまぼこ(赤2本)、だてまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

6,770

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の香 小田原かまぼこ(赤2本)、だてまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 花波  小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

6,170

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 花波 小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めまし た。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わい を支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝 ・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

かまぼこ 特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の香 特上 小田原かまぼこ(白2本)、だてまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

8,170

かまぼこ 特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の香 特上 小田原かまぼこ(白2本)、だてまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

特上 小田原かまぼこ 贈答用箱入詰合 花波  特上 小田原蒲鉾(白1本、赤1本)、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

7,500

特上 小田原かまぼこ 贈答用箱入詰合 花波 特上 小田原蒲鉾(白1本、赤1本)、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

かまぼこ お試しセット あげかま(黒ごま入、桜えび入、プレーン)アソートで5枚、ちくわ3本、しんじょプレーン1枚、しんじょ青海苔入1枚

Amazon

2,380

かまぼこ お試しセット あげかま(黒ごま入、桜えび入、プレーン)アソートで5枚、ちくわ3本、しんじょプレーン1枚、しんじょ青海苔入1枚

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めまし た。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わい を支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝 ・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の祭 小田原蒲鉾(白2本)、だてまき×2本、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

10,620

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の祭 小田原蒲鉾(白2本)、だてまき×2本、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の香  小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、だてまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

6,770

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の香 小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、だてまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の香 特上 小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、だてまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

8,170

特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の香 特上 小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、だてまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原 かまぼこ 特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の祭特上 小田原蒲鉾(赤2本)、 だてまき×1本、 きみまき×1本 ちくわ×6本

Amazon

12,450

小田原 かまぼこ 特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の祭特上 小田原蒲鉾(赤2本)、 だてまき×1本、 きみまき×1本 ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原 かまぼこ 特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の祭特上 小田原蒲鉾(白1本、赤1本)、 だてまき×1本、 きみまき×1本 ちくわ×6本

Amazon

12,450

小田原 かまぼこ 特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の祭特上 小田原蒲鉾(白1本、赤1本)、 だてまき×1本、 きみまき×1本 ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

かまぼこ 特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の幸特上 小田原かまぼこ(白2本)、だてまき×1本、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

9,820

かまぼこ 特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の幸特上 小田原かまぼこ(白2本)、だてまき×1本、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

かまぼこ お試しセット 小田原あげかま(黒ごま入、桜えび入、プレーン)アソートで5枚、ちくわ3本、しんじょプレーン1枚、しんじょ青海苔入1枚

Amazon

2,380

かまぼこ お試しセット 小田原あげかま(黒ごま入、桜えび入、プレーン)アソートで5枚、ちくわ3本、しんじょプレーン1枚、しんじょ青海苔入1枚

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めまし た。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わい を支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝 ・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原 かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の祭 小田原蒲鉾(赤2本)、だてまき×2本、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

10,620

小田原 かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の祭 小田原蒲鉾(赤2本)、だてまき×2本、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の幸 小田原蒲鉾(赤2本)、だてまき×1本、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

8,260

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の幸 小田原蒲鉾(赤2本)、だてまき×1本、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原 かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の祭 小田原蒲鉾(白1本、赤1本)、だてまき×2本、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

10,620

小田原 かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の祭 小田原蒲鉾(白1本、赤1本)、だてまき×2本、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の幸 小田原蒲鉾(白2本)、だてまき×1本、きみまき×1本、ちくわ×6本

Amazon

8,260

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 磯の幸 小田原蒲鉾(白2本)、だてまき×1本、きみまき×1本、ちくわ×6本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク