メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「なまこ」検索結果。

なまこの商品検索結果全1,414件中1~60件目

送料無料
海の高麗人参 なまこ粉末(乾燥ナマコ粉末)

Amazon

8,640

海の高麗人参 なまこ粉末(乾燥ナマコ粉末)

乾燥ナマコ100% 体内へダイレクトに届けます。 素潜り漁師が1個1個大切に獲ったナマコを当社の独自方法で、 1ヵ月以上の歳月を重ね仕上げた高級乾燥ナマコをそのまま粉末にしました。 1日1~2包を目安にぬるま湯又は水で召し上がり下さい。 ※1箱 60g(2g×30包) ※なまこ粉末を水で溶かして飲む方ように、シェーカー付き こんな方々に選ばれています ★血圧が気になる ★食生活に偏り、バランスがよくない ★活力で満ちていたい ★次の健康診断が気になる ★朝をすっきりスタートできない ★気分がどんよりすることがある ★いつも若々しくいたい なまこ粉末含有加工食品 ■内容量 60g(2g×30包) ■原材料 国産ナマコ100% ■栄養成分表示 1包(2g)あたり エネルギー 6.4kcal 炭水化物 0.13g たんぱく質 1.28g 食塩相当量 0.13g 脂質 0.09g ■保存方法 直射日光、高湿多湿をさけ涼しいところに保存 ■販売者 浜八株式会社 富山県高岡市伏木国分1-1-17 TEL:0120-107-275 ■製造者 パワフル健康食品株式会社 長野県上水内郡信濃町平岡215-1 ■召し上がり方 1日1~2包を目安にぬるま湯又はお水でお召し上がりください。 ご使用上の注意 ・開封後はお早めにお召し上がりください。 ・原材料をご参照の上、食品アレルギーのある方は、お召し上がりにならないでください。 また、体質や体調によりまれに合わない場合があります。その場合は摂取を中止してください。 ・薬を服用中あるいは通院中の方及び妊娠・授乳中の方は医師にご相談ください。 ・自然原料を使用しているため、製造ロットにより色が変わることがありますが品質には問題ありません。 ・乳児・幼少児の手の届かない所に保管し...

乾燥なまこ 100G8個前後入 LサイズA級品

Amazon

7,560

乾燥なまこ 100G8個前後入 LサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
化粧箱入り乾燥なまこ 300G15個前後入 3LサイズA級品

Amazon

27,200

化粧箱入り乾燥なまこ 300G15個前後入 3LサイズA級品

海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
【関西産真っ黒保証乾燥なまこ】 1KG160個前後入 SサイズA級品

Amazon

76,800

【関西産真っ黒保証乾燥なまこ】 1KG160個前後入 SサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 よく乾燥された国産天然物です。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中華料理の高級食材です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 300G50個前後入 SサイズA級品

Amazon

23,480

乾燥なまこ 300G50個前後入 SサイズA級品

海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 500G35個前後入 LサイズA級品

Amazon

38,800

乾燥なまこ 500G35個前後入 LサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

乾燥なまこ 100G30個前後入 SSサイズA級品

Amazon

6,780

乾燥なまこ 100G30個前後入 SSサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 よく乾燥された国産天然物です。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。「黒いダイヤ」ともいわれている中華料理の高級食材です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
【化粧箱入関西産真っ黒保証乾燥なまこ】 500G70個前後入 SサイズA級品

Amazon

41,500

【化粧箱入関西産真っ黒保証乾燥なまこ】 500G70個前後入 SサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 よく乾燥された国産天然物です。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。「黒いダイヤ」ともいわれている中華料理の高級食材です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 500G30個前後入 LLサイズA級品

Amazon

41,000

乾燥なまこ 500G30個前後入 LLサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
北海道産乾燥なまこ 300G入10g以上Lサイズ A級品

Amazon

63,400

北海道産乾燥なまこ 300G入10g以上Lサイズ A級品

北海道で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 500G80個前後入 SサイズA級品

Amazon

36,400

乾燥なまこ 500G80個前後入 SサイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 1KG80個前後入 LサイズA級品

Amazon

74,600

乾燥なまこ 1KG80個前後入 LサイズA級品

海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 1KG50個前後入 3L特大サイズA級品

Amazon

82,000

乾燥なまこ 1KG50個前後入 3L特大サイズA級品

関西の海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。 水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 。中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
化粧箱入り乾燥なまこ 300G40個前後入 MサイズA級品

Amazon

25,280

化粧箱入り乾燥なまこ 300G40個前後入 MサイズA級品

海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
化粧箱入り北海道産乾燥なまこ 300G入10g以上Lサイズ A級品

Amazon

65,200

化粧箱入り北海道産乾燥なまこ 300G入10g以上Lサイズ A級品

北海道で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量)。 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている珍味です。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

送料無料
乾燥なまこ 500G50個前後入 MサイズA級品

Amazon

37,900

乾燥なまこ 500G50個前後入 MサイズA級品

瀬戸内海で水揚げされた良質ななまこの内臓や小石などを丁寧に取り除き、釜茹でした後、天日干しで仕上げました。海で採れるなまこを水揚げしてすぐ加工するので鮮度が違います。水戻しすると驚くほど大きくなります(約10~20倍/重量) 中国では「黒いダイヤ」と呼ばれ、高級食材として珍重されている黒ナマコです。なまこ水戻しの仕方(ご参考まで)一、乾燥なまこを油分のないプレートに置き、お水を適量加え、2ー3日浸す(毎日1、2回水を換えること)。なまこを手で触れる際は予め手を洗浄し、なまこに化粧品など付けないよう注意してください。補足:室温が10℃を上回った場合は、なまこの表皮が剥がれてしまうため、冷蔵庫の冷蔵室に保存してください。二、なまこが軟らかくなったことを確認したら、ハサミでなまこを底部より切開し、なまこの内部をきれいに洗ってください。三、処理を加えたなまこを油分のない鍋に入れ、水を大量に入れ、加温状態にする。加温時間はなまこの大きさや厚さを基準とするが、一般的には水温が100℃まで上がったのを確認してから、中火で10分間加熱すれば良い。四、 火を消し、保温効果が良い状態で鍋内に8ー10時間煮ながら、水の自然冷却を待つ。補足:煮終わったなまこを鍋より取り出す時に逐一手で触れ、柔らかくなったものは取り出し、硬さが残るものは鍋に戻し再び加温する。五、水温5℃前後の水を大量に用意し、取り出したなまこを水の中に入れる。2日間浸し毎日1ー2回水を換える。補足:必ず冷蔵庫冷蔵室に保管してください(水中に氷を入れるとさらに水戻し効果が出ます)。

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク