メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ほたるイカ」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

ほたるいか 醤油漬 160g本場 山陰産

Amazon

1,050

ほたるいか 醤油漬 160g本場 山陰産

■ほたるいかの漁獲量日本一の兵庫県山陰産の新鮮な「ほたるいか」を丸ごと樽で仕込みました。■味の決め手となる醤油には、ほたるいかとの相性を考え、スッキリとまろやかな味わいが特徴で、自然の力で発酵させた天然醸造醤油を使用しました。国産の丸大豆と小麦を原料とし2年間じっくりと熟成させて作ったこだわりの醤油が新鮮なほたるいかの脇役となり「旨さ」を引き立てています。■そのままツルッとごはんのおかずや酒の肴にどうぞ。また、あつあつごはんに本品とわさびをのせ即席どんぶりとして、さらにお茶をかけてお茶漬けにしてもおいしくお召し上がりいただけます。 ■原材料名 ほたるいか(兵庫県山陰産)、還元水飴、天然醸造醤油、食塩、蛋白加水分解物、調味料(アミノ酸等)、酒精、甘味料(ステビア)、増粘多糖類、(原材料の一部に小麦・大豆を含む) ■内容量 160g ■賞味期限 60日間(未開封) ■保存方法 要冷蔵(0?10℃) ■使用上の注意 開封後は、賞味期限にかかわらずお早めにお召し上がり下さい。 ■配送温度帯 冷蔵便 ●商品内容 ほたるいかの醤油漬 160g (兵庫県山陰産) ●産地 兵庫県 ●出荷場所 兵庫県 ●ご注意 産直のため、同梱可能商品以外と一緒にご注文の場合は別送となり、送料が別途かかりますのでご注意ください。 ●配送形態 クール便

小田原蒲鉾箱入詰合 松   小田原蒲鉾(白1本、赤1本)、いか塩辛(辛口の生漬1本)

Amazon

5,020

小田原蒲鉾箱入詰合 松 小田原蒲鉾(白1本、赤1本)、いか塩辛(辛口の生漬1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹 特上 小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、きみまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)、なるとまき×1本

Amazon

8,180

特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹 特上 小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、きみまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)、なるとまき×1本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹  小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、きみまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(甘口の糀入1本)

Amazon

6,780

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹 小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、きみまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(甘口の糀入1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹  小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、きみまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)

Amazon

6,780

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹 小田原かまぼこ(白1本、赤1本)、きみまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹  特上 小田原かまぼこ(赤2本)、きみまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)、なるとまき×1本

Amazon

8,180

特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹 特上 小田原かまぼこ(赤2本)、きみまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)、なるとまき×1本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹  小田原かまぼこ(赤2本)、きみまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)

Amazon

6,780

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹 小田原かまぼこ(赤2本)、きみまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 梅  小田原蒲鉾(赤2本)、だてまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)

Amazon

7,380

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 梅 小田原蒲鉾(赤2本)、だてまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 梅 小田原蒲鉾(白2本)、だてまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(甘口の糀入1本)

Amazon

7,380

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 梅 小田原蒲鉾(白2本)、だてまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(甘口の糀入1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹 特上 小田原かまぼこ(赤2本)、きみまき×1本、いか塩辛(甘口の糀入1本)、なるとまき×1本

Amazon

8,180

特上 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹 特上 小田原かまぼこ(赤2本)、きみまき×1本、いか塩辛(甘口の糀入1本)、なるとまき×1本

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹  小田原かまぼこ(白2本)、きみまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(甘口の糀入1本)

Amazon

6,780

かまぼこ 小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 竹 小田原かまぼこ(白2本)、きみまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(甘口の糀入1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 梅  小田原蒲鉾(白2本)、だてまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)

Amazon

7,380

小田原蒲鉾 贈答用箱入詰合 梅 小田原蒲鉾(白2本)、だてまき×1本、なるとまき×1本、いか塩辛(辛口の生漬1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 箱入詰合 松   小田原蒲鉾(赤2本)、いか塩辛(甘口の糀入1本)

Amazon

5,020

小田原蒲鉾 箱入詰合 松 小田原蒲鉾(赤2本)、いか塩辛(甘口の糀入1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 箱入詰合 松   小田原蒲鉾(白2本)、いか塩辛(辛口の生漬1本)

Amazon

5,020

小田原蒲鉾 箱入詰合 松 小田原蒲鉾(白2本)、いか塩辛(辛口の生漬1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

かまぼこ 小田原蒲鉾 箱入詰合 松   小田原蒲鉾(白2本)、いか塩辛(甘口の糀入1本)

Amazon

5,020

かまぼこ 小田原蒲鉾 箱入詰合 松 小田原蒲鉾(白2本)、いか塩辛(甘口の糀入1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

小田原蒲鉾 箱入詰合 松  小田原蒲鉾(赤2本)、いか塩辛(辛口の生漬1本)

Amazon

5,020

小田原蒲鉾 箱入詰合 松 小田原蒲鉾(赤2本)、いか塩辛(辛口の生漬1本)

小田原かまぼこ一筋に創業100余年、小田原わきや蒲鉾店 代々受け継ぐ一子相伝の技と、美味しい蒲鉾をお造りする情熱が、小田原を名乗る誇りと伝統を守り続けます。 小田原、箱根、熱海、伊豆、湘南土産に。各種ギフト、贈答品、お中元、お歳暮に。 【小田原わきや伝統の技】 ■弾力へのこだわり■ わきやの蒲鉾は弾力が命。代々受け継がれた一子相伝の職人技と、温度・湿度・鮮度に研ぎ澄まされた繊細な感覚を以って、小田原蒲鉾の弾力、歯ごたえ、味わいを極めました。 ■魚へのこだわり■ 旨味と白度にこだわり、白身魚グチ(いしもち)を主原料に、鱈を秘伝のレシピで摺り合わせ、魚の旨味と弾力、白度を絶妙なバランスでお造りしております。 ■水へのこだわり■ 箱根、丹沢を水源とする小田原の天然水を使用。蒲鉾づくりにはミネラルをほど良く含む、天然水が欠かせません。澄んだ味の小田原天然水が、わきやの蒲鉾の繊細な味わいを支えております。 ■石臼へのこだわり■ 昔ながらの石臼を使用。美味しい蒲鉾をつくるには、魚肉を擂る際、温度をいかに抑えて、低温で擂り上げる事が大切です。さらに、極め細やかに摺り上げる技術は一子相伝・秘伝の技。 【製造者】株式会社 脇谷商店(〒250-0004 神奈川県小田原市浜町3-15-4 小田原かまぼこ通り 電話0465-24-1511)

八戸水産加工お試しグルメBセット(いかごはん小2尾・いちご煮スープ・いちご煮がゆ)

Amazon

2,300

八戸水産加工お試しグルメBセット(いかごはん小2尾・いちご煮スープ・いちご煮がゆ)

お吸い物 袋を開け、鍋に移してから火にかけあたためてからお召し上がりください。 沸騰させると風味を損ないますのでご注意下さい。 ≪いちご煮の炊き込みご飯≫ 用意する食材:いちご煮スタンドパック1袋、お米1合 1:30~40分前にお米を研いでザルで水切りをしておく。 2:いちご煮を開けザルを使いスープだけを釜に入れる。 3:スープの入った釜に水切りしたお米を入れて1合ラインまで水を入れる。 4:分けておいたいちご煮の具を加えスイッチポン。 5:炊き上がったら、力を加えずご飯を切るように混ぜ合わせる。 磯の香り立つ、美味しいいちご煮炊き込みご飯1~2人前の出来あがりです。 お好きな量をお茶碗に盛り、熱々のいちご煮炊き込みご飯を召し上がれ。 お好みで椎茸や舞茸等を刻んで入れて炊いても美味しいです。 いちご煮茶碗蒸し 用意する食材:いちご煮スタンドパック1袋、卵1.5個 1:いちご煮スタンドパック1袋を開けてザルでスープと具を分ける。 2:茶碗に分けた具を入れる。 3:卵1.5個を、分けておいたいちご煮スープとよくかき混ぜ裏ごしして具の入った茶碗に入れる。 4:蒸し器で10分ほど蒸すと美味しいいちご煮茶碗蒸し1~2人前の出来上がり♪ いちご煮と卵の香りがたまらなく食欲をそそりますよ♪(☆≧▽≦)V 各種料理のかくし味として 「いちご煮」の仕立汁は、和風、洋風問わず、お吸い物、パスタ、グラタン、水ギョーザ等、アイデア次第で幅広くご活用いただけます。

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク