メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「コストコざくろ酢」検索結果。

コストコざくろ酢の商品検索結果全2件中1~2件目

こちらの関連商品はいかがですか?

富士酢 純米 900ml

丸石酒店

1,188

富士酢 純米 900ml

富士酢 株式会社飯尾醸造 ■原料の米づくりから発酵・熟成まで一切手を抜かない■ ●原料「いい酢はいい米から」無農薬栽培の米づくり      生活廃水や他の農薬などが流入しない清冽な棚田。自社の田んぼは社員みんなで管理をしています。農家の負担を少しでも減らそうと蔵元自ら先進的な農法の 研究、試行錯誤を繰り返し、現在は紙マルチ農法を行っています。 若洲湾を見下ろす標高400〜500mにある清冽な棚田で無農薬栽培された米を使用しています。大半の人が「無農薬」「有機栽培」などという言葉を知ら なかった昭和30年代に、農薬散布された「生き物も棲めない田んぼで出来た原料の米で酢をつくってはいけない」と、2年かけて地元宮津の農家に無農薬の米 作りを頼み続けました。 現在、契約農家25件と自社の田んぼで栽培された五百万石(麹米に使用)とコシヒカリ(掛米に使用)の新米で富士酢は造られています。 ●発酵 時間と手間はかかっても静置発酵で造ります      現在、人工的に発酵を促し数日で生産される速醸酢が一般的ですが、富士酢は昔ながらの静置発酵(せいちはっこう)で造られています。蔵付きの酢酸菌に自 然発酵させ、じっくり3〜4ヶ月かけてお酢になるのを待ちます。 発酵温度は約40℃。タンク上部に藁を巻き空気と接触させます。藁は発酵熱も調節してくれるためビニールなどにしません。酢酸菌が発酵タンクの表面を被 う。発酵中の酢もろみの表面から酢酸菌膜をとり新たなタンクへ。 ●熟成 さらにおいしくする熟成      すべての米酢を約1年かけて熟成させます。しかも1ヶ月に1回タンクからタンクへ移し替えを行ない、意図的に空気に触れさせることで、まろやかな酢に仕 立てていきます。 ●JAS規格の約5倍 たっぷりの新米を使用 富士酢の深いコクの秘密はたっぷりお米を使うこと...

ミツカン_穀物酢_900ml

eプロダクツジャパン楽天市場店

342

ミツカン_穀物酢_900ml

◎すっきりとした味わいが、酢の物、マリネ、煮物など、あらゆるお料理によく合う穀物酢です。 内容量:900ml /ミツカン商品説明「ミツカン 穀物酢 900ml」は、すっきりとした味わいが、酢の物、マリネ、煮物など、あらゆるお料理によく合う穀物酢です。お料理の下味に、野菜のあく抜きに、様々な使い方ができます。手軽にお使いいただけます。使用方法◎おすし:炊きたてご飯3合に(4人前)酢大さじ4、砂糖大さじ5、塩小さじ2◎酢のものの合わせ酢三杯酢:酢3、しょうゆ1、砂糖2甘酢:酢3、砂糖2◎手作りドレッシング&マリネ和風:酢3、オリーブ油など3、しょうゆ3、砂糖1*そのままお飲みいただくと、胃やのどがあれることがありますので、水などで、必ず5倍以上に薄めてお飲みください。刺激を強く感じる場合は、使用をおひかえください。ご注意◎原材料のアルコールは醸造工程でお酢に生まれ変わります。◎開封後空気中の酢酸菌により浮遊物が生じ、風味が劣化することがあります。開栓後はキャップをきちんと閉めてなるべく涼しい所に立てて保管ください。◎穀物に由来する褐色の沈殿物を生じることがありますが、品質に問題ありません。ご使用後のキャップ分別方法1.上ブタをねじらないよう右方向に止まるところまで切り取ります。2.キャップを引き上げて取り外します。*作業を行う際、必ずびんが倒れないよう固定してください。保存方法直射日光を避けて保存※パッケージ・内容等は予告なく変更されることがあります。賞味期限容器/包装箱に記載※広告文責:日本保健研究所 O3-3255- l l 88※お取寄(出荷目安4〜10営業日)にて同梱・変更・キャンセル・返品は不可です。代引・カード払い限定。※本品は海外発送致しません。*We don't ship this product abroad....

● 京都の千鳥酢 900ml

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

659

● 京都の千鳥酢 900ml

原料の清酒はふつうの清酒より磨きが少ない、精米歩合80パーセントほどです。 清酒では雑味のもとと敬遠される米の外層に多く含まれるタンパク質は、米酢では旨み成分のアミノ酸類へと変化するので削りすぎば禁物なのです。 仕込みは、清酒と予め造っておいた酢酸菌の濃い「種酢」をタンクに入れ、酢酸菌と蔵付き酵母で酢酸発酵を行います。 醗酵が終了すると、1〜2カ月間の熟成を経てブレンドします。 以上の行程までが旧蔵で行われます。 山科になる仮社屋では完成品の調整と、減菌(70度)、瓶詰のみ。 三条の蔵だけが千鳥酢の味わいをつくる、と京酢の味わいを守る気概を感じます。 日本に清酒があるように、ビールの国ドイツでは麦芽酢、フランスでは葡萄からワイン・ビネガー、アメリカでは林檎酢(シードル)と、民族は民族伝来の酒と酢をもちます。 千鳥酢を試しおいしいと感じることで、米酢を日本の伝統醗酵食品文化の一つと再認識するきっかけにしてください。 千鳥酢は通常市販されているものよりも少量で十分です。 酢がきつく感じられた場合は、電子レンジに酢を入れてほんの少し沸騰させるとマイルドになります。

純米 富士酢/900ml

健康ストア 健友館

1,188

純米 富士酢/900ml

■明治二十六年の創業よりかわらぬ製法■原料は地元・宮津の27軒の農家が農薬を使わずに栽培した米と水だけを使用■うまみが強く濃厚な味わいが特長 原材料 : 米(京都府産)内容量 : 900ml富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m〜500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが、本当に苦労されて今の飯尾醸造があると思います。 このお米だけでも相当なこだわりですが、蔵に行けばそれ以上のこだわりを見せていただきました。 製品化までに掛かる時間と1本当たりのお米の使用量です。 お米の生産から始まり、その原料でお酒を造り、それを発酵。やっと酢になります。 お酒から酢になるまでの静置発酵も夏場で4〜5ヶ月、冬場で2.5〜3ヶ月掛かります。 製品として出来上がるまでに約2年という長い年月を掛け...

スポンサーリンク
スポンサーリンク