メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「サフラン」検索結果。

サフランの商品検索結果全532件中1~60件目

サフラン (Lady saffron) 1g

JAタウン

1,000

サフラン (Lady saffron) 1g

☆サフランライスの炊き方☆色むらのない綺麗な黄色のサフランライスに仕上げるポイントは、直接めしべを加えないことです。まず湯飲みなどにサフランを適量入れ、少量のお湯又を注いでサフランの色を出しこの水をご飯を炊くときに加えます。サフランをお湯に1時間程度浸し、炊く前に加えよくかき混ぜます。お米3~5号にサフラン20~30本が目安ですが、何度か試して自分の好みの濃さを選びます。サフランは料理を黄色く着色する時に安心して利用できる天然色素で、西洋では一般的に利用されています。ご家庭で是非、オリジナルのサフラン料理にチャレンジしてみてください!竹田市での栽培は、1903年に竹田市玉来の吉良文平氏が神奈川県中郡国府村の添田辰五郎氏から球根を譲り受けたことに始まります。当初は病気の発生で栽培は思わしくありませんでしたが研究を続けた結果、畑よりも水田での栽培が適していることがわかり、さらに、植えていない球根に花が咲いているのに気づき、室内で花を咲かせる開花方法を考案しました。海外の場合は、開花する前に畑に球根を植えて畑で花を咲かせる方法が一般的で、乾燥する地域では一度植えると数年間植えたままにすることもあります。しかし、竹田市の方法は、室内で花を咲かせた後に球根を植ええ付け、そして、毎年初夏に球根を掘り上げるという方法であり、室内に球根がある間は水を一切与えません。日本では降雨が多いため畑で開花させると花を収穫できないともあるので、この方法は日本の気候に適した栽培方法といえます。また、畑で花を咲かせる方法に比べると花を摘みやすく、天候にも影響されないため飛躍的に生産が楽になり栽培が盛んになりました。独特な栽培方法と農家の繊細な手作業によって収穫された竹田産のサフランには、有効成分が外国産の数倍も含まれており、品質の高さは海外でも知られるようになってい...

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク