メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「今話題の食品」検索結果。

今話題の食品の商品検索結果全1,210件中61~120件目

今話題の栗らくがん  ○央ちゃん!

お茶の山口園 楽天市場店

324

今話題の栗らくがん ○央ちゃん!

店長の一言! この栗らくがん! お口に含んだ時に上品な栗の味がして また、口の中でジワーッと、、とろける 小さな幸せが(^_-)-☆! おいしいを実感してください。 きっとあなたにも響く逸品です! 栗らくがん ■名 称 菓 子 ■原材料名 えんどう、グラニュー糖、栗 ■内容量 16枚 ■賞味期限 2018年7月16日 ■保存方法 直射日光、高温多湿は避け保存して下さい。店長おすすめ 今、話題の栗らくがん! ○央ちゃんも食べている! きっとあなたの心に残る逸品です! おいしいを実感してください。 お茶、各種ドリンクのお友に!! オリンピックの際 18時40分からの T★E・NEWSていうテレビ番組で ○田○央ちゃんの 栄養士さん(こ○ろさん)が 明日 の決勝までに 疲労回復に 栗らくがん食べさせると 言って 画像等もでました 商品になります。 よろしくお願いします。 発送でメール便選択した場合!2個まで栗らくがん入れることできますが! くりらくがんは らくがんにて壊れやすいおかしで メール便(発送のとき、郵便局の規定で割れ物シール貼ることはできません) の場合は、割れが出る場合がございます。 それでも良い場合はメール便でさせていただきますが! なお、メール便はポスト投函となります。また少しお時間かかるのと 日・時間指定が できなくなっていますのでもし日時ご希望の場合は通常宅配になります。お薦めは宅急便です。われも少なく、そのまま味わえます。 なお、代引きご希望の方は代引き手数料と送料(宅急便料金)がかかります! 代引きは宅急便のみで、メール便不可です!...

えごま油 一番生絞り 185g 1本 [ α‐リノレン酸 [ オメガ3系 ] 60%以上 ][ えごま100% SSB ] 韓国調味料 韓国食品 話題のえごま油!加熱をせずに低温圧搾する一番搾りのみ使...

食卓応援隊

1,080

えごま油 一番生絞り 185g 1本 [ α‐リノレン酸 [ オメガ3系 ] 60%以上 ][ えごま100% SSB ] 韓国調味料 韓国食品 話題のえごま油!加熱をせずに低温圧搾する一番搾りのみ使...

※商品シール表記ミスにより、手書き訂正しております。 ★認知症予防などに効果が期待できるとTVで紹介されました「えごま油」。 現代人に足りないと言われる必須脂肪酸(α-リノレン酸)を豊富に含むシソ科えごまの種子を搾った油です。 今もっとも注目されている天然調味料です。 内容詳細 商品名 SSB 一番生絞りえごま油 内容量 185g 原材料名 食用えごま油100% 商品説明 ※日本国内製造!α-リノレン酸(オメガ3系)60%以上!★えごま本来の風味と栄養を保つために、低温圧搾で一番搾りのみを抽出しました。サラダなどの生食のお供に、料理の仕上げにご利用いただけます。1日あたり約小さじ一杯程度を飲用すると健康に良いと言われています。 賞味期限 側面に記載 保存方法 直射日光を避け涼しいところで保管してくさい。開封後は香り・味を守るため、冷蔵保管してください。また、酸化しやすいので、なるべく開封後3ヶ月以内に使用してください。※白濁や沈殿物が生じることがありますが、品質には問題ございません。 その他 広告文責:株式会社コトラトレーディング Tel:03-5647-8339 FAX:03-5647-8331

【大注目!!糖質・たんぱく質・食物繊維を考えた!! 大豆100%生地SOYチップス約500g(のり塩・コンソメ250g×2袋)】今話題の糖質を考えたおやつ!!高タンパク!!豊富な食物繊維で文句なし...

Charaラボ(チャララボ)

1,598

【大注目!!糖質・たんぱく質・食物繊維を考えた!! 大豆100%生地SOYチップス約500g(のり塩・コンソメ250g×2袋)】今話題の糖質を考えたおやつ!!高タンパク!!豊富な食物繊維で文句なし...

商品管理番号 SM00010330 生産地 日本 詳細 ■品名:大豆チップス(のり塩・コンソメ) ■名称:大豆チップス ■原材料名:【のり塩】脱脂大豆(遺伝子組換えでない)、植物油脂(大豆を含む)、食塩(焼塩)、あおさ、魚粉(サバを含む)、野菜パウダー/調味料(アミノ酸等:ゼラチン・鶏肉由来)、ベーキングパウダー 【コンソメ】脱脂大豆(遺伝子組換えでない)、植物油脂(大豆を含む)、食塩(焼塩)、ブラックペッパーパウダー、ビーフエキス調味料(牛肉を含む)、魚粉(サバを含む)、野菜パウダー、チキンコンソメパウダー(乳成分・豚肉・鶏肉・大豆を含む)、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等:ゼラチン・鶏肉由来)、ベーキングパウダー、甘味料(ステビア)、香料、酸味料 ■内容量:500g(250g×2袋) ■賞味期限:製造より常温1年(約4ヶ月~1年弱賞味期限が残ったものでのお届けとなります) ■保存方法:高温多湿、直接日光を避け冷暗所で保存して下さい。 ■販売者:株式会社天然生活●取扱上の注意:開封後は、すぐにお召し上がりください。 ●製品中、一部茶や黒色になっている部分や、繊維状の粒は、原材料である大豆の一部に由来するもので、品質上問題はありません。 ●本品製造工場では卵、小麦、乳成分、えび、かに、落花生を含む製品を生産しております。 使用するアレルギー物質(27品目中) 大豆・サバ・鶏肉・ゼラチン 栄養成分表示(1袋250g当たり) 【のり塩】 エネルギー 920kcal たんぱく質 101.5g 脂質 30g 炭水化物 79g -糖質 41.5g -食物繊維 37.5g 食塩相当量 6g 【コンソメ】 エネルギー 920kcal たんぱく質 100.5g 脂質 30g 炭水化物 79g -糖質 41.5g -食物繊維 37.5g...

送料無料
【国産】干しだら(味付けなし)200g ほしだら 鱈 干物 国内産100% 干しダラ 干したら 韓国スープのプゴク スープにピッタリ【メール便送料無料】

ナノビッグ楽天市場店

1,760

【国産】干しだら(味付けなし)200g ほしだら 鱈 干物 国内産100% 干しダラ 干したら 韓国スープのプゴク スープにピッタリ【メール便送料無料】

メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています 国産干しダラをむしっただけ。 味付けなしだから、料理にすぐ使えます!! テレビで話題の干しダラスープ【プゴク】つくりにどうぞ♪ ダイエット料理にも使われている注目の食材。 国産で安心!しかも格安! 【むしり さき 干し鱈 干しダラ 乾物 プゴクッ】 【産地】北海道 【内容量】200g ※賞味期限:製造日から3ヶ月 長期保存は冷凍美容スープ【プゴク】が自宅で手軽に! 韓国の本場の味を 日本の家庭で手軽に再現♪♪ 韓国人の美意識の高さは、周知の通り!! 「おいしくて健康な食材をたくさん食べて、体の中からキレイに♪」 だからこそ韓国には健康にも美容にも作用のある食材が豊富です。 その中でも今TVで話題の【プゴク(プゴクッ)】 テレビでも紹介された、赤ちゃんのようなプルプルお肌が手に入る!? という、 夢のような美容スープです!! 当店の干し鱈は素材にもこだわった一品!! 健康や美容の為の食材だから、品質にまずこだわっています。 頭とハラワタを取り除き、たら本来の風味、味を 閉じ込めた昔と変わらない干し方で大変高品質です。 北海道産の新鮮なタラが原材料!! 寒干ししたタラを食べやすくむしりとっただけ! 創業45年の専門店の一品。自身があります!! 国内産だから安心♪♪ 味付けなしタイプ♪♪ 塩気なし自然の風味♪♪ ★お肌ぷるぷるスープ「プゴク」に最適★ お肌ぷるぷるスープ【プゴク】を作る際は、 少し食感がある方がΣd(ゝ∀・)Good! むしり干し鱈はそのままでもおいしく頂けるので 長い時間煮立てずとも鱈の風味が十分味わえます! むしり干し鱈は、重量が軽いから、 200gでも結構な量があります♪ 【プゴク】が毎日つくれちゃう(〃∀〃) さぁ話題の【プゴク...

送料無料
テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (エクアドルEquateur 1枚)

Amazon

2,800

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (エクアドルEquateur 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

送料無料
テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ポーセラナ Porcelana 1枚)

Amazon

3,600

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ポーセラナ Porcelana 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

送料無料
テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ロスカラードLos Colorados 1枚)

Amazon

2,800

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ロスカラードLos Colorados 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

送料無料
テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (アスファルトAsfarth 1枚)

Amazon

2,800

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (アスファルトAsfarth 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

送料無料
テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (マダダスカルMadagascar 1枚)

Amazon

3,480

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (マダダスカルMadagascar 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

送料無料
テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ハイチ Haiti  1枚)

Amazon

2,800

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ハイチ Haiti 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

送料無料
テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ピウラブランコPiura Blanco 1枚)

Amazon

2,800

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ピウラブランコPiura Blanco 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

送料無料
テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ハシエンダ・エル・ロサリオHacienda El Rosario 1枚)

Amazon

2,800

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ハシエンダ・エル・ロサリオHacienda El Rosario 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

送料無料
テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (スラバヤSurabaya 1枚)

Amazon

2,800

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (スラバヤSurabaya 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

送料無料
テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ココア100% Noir 100% Cacao 1枚)

Amazon

2,800

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ココア100% Noir 100% Cacao 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク