メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「八百秀」検索結果。

八百秀の商品検索結果全295件中1~60件目

八百秀 根昆布 80g

いいもの一番館

1,080

八百秀 根昆布 80g

根昆布 80g ※北海道羅臼産使用 ■根昆布とは 昆布は採れる地域によって様々な特徴を持っています。更にビタミン、ミネラル、ヨードなど健康な食生活になくてはならない栄養素が含まれています。 「根昆布」は昆布の「根」にあたる部分を乾燥させたものです。昆布の根は成長の為に必要な栄養分を根に集中させているので昆布の中でも一番栄養が豊富なところです。 ■八百秀の根昆布 北海道の真夏の太陽の下、地元漁師達独特の手作りによって干し上がった根昆布。浜の香りをそのままパックした厳選素材です。 ●根昆布の使用方法 ■昆布水の作り方 1.根昆布(1~2個)を汚れを取るために軽く水洗いをしてください。 2.コップなどの容器に200ml程度の白湯を用意して根昆布を漬けます。 3.ラップなどで容器の口をふさぎ常温なら6~10時間、冷蔵庫なら12~24時間寝かせると出来上がりです。※出来上がった昆布水にお好みでレモン、すだち、柚子等のしぼり汁を加えますと一層おいしくいただけます。 ■出汁用に 出汁にお使いいただければ自然のうま味と最高の風味をご堪能頂けます。 内容量 80g 原材料名 根昆布(北海道羅臼産) 賞味期限 約2ヶ年程度 保存方法 高温、高湿を避け常温で保存してください。 販売者名 株式会社 八百秀

八百秀 ゆず酢 180ml

いいもの一番館

1,080

八百秀 ゆず酢 180ml

ゆずは徳島を代表するかんきつ類で万葉の昔から愛用され、その独特の風味と香りは定評があり、和洋問わずお料理に利用されております。 果実汁酢の特徴 良質の自然酢(生のゆずを搾った果汁)100%のため、酢の花(浮遊物、沈殿物)がでるのでよく振ってお使い下さい。 ご利用方法 ●お寿司に米酢と混ぜて(魚の姿寿司は5割、ちらし寿司には3割ほどを目安にお好みで)ご利用下さい。 ●てっちり、水炊きに3~5割を米酢で割り等量のしょうゆと若干のみりん、酒、昆布だし汁等で味を調え「合せポン酢」を作り、ねぎ、モミジおろしなどお好みで入れてお召し上がり下さい。 ●その他刺身、お吸い物、酢の物、焼魚、漬物、焼肉のたれなどにお好みで数滴垂らして使用して下さい。酸味と香りでお醤油の量を減らせます。!! ■商品説明 ゆず果実100%使用 内容量180ml 徳島産ゆずの生果実100%利用した自然調味料です。 ご家庭に中元・お歳暮などのギフトやお土産としてお勧めです。 保存方法 冷暗所で保存して下さい。開栓後は冷蔵庫で保存し、お早めにご利用下さい。 内容量 180ml 原材料名 ゆず果実100%使用 賞味期限 約1ヶ年 保存方法 常温で保管してください。開封後は冷蔵庫で保存し、お早めにお召し上がり下さい。 製造又は販売者名 株式会社 八百秀

【阿波の味】八百秀 カットわかめ【鳴門産】 50g×5袋

Amazon

5,400

【阿波の味】八百秀 カットわかめ【鳴門産】 50g×5袋

●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 良質わかめが育つ鳴門で育ち、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。

【八百秀】本場鳴門糸わかめ 100g袋(湯通し)

Amazon

1,728

【八百秀】本場鳴門糸わかめ 100g袋(湯通し)

●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 良質わかめが育つ鳴門で育ち、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。

干しえび 100g袋入り【クール便】

いいもの一番館

1,404

干しえび 100g袋入り【クール便】

内容量 100g 原材料名 えび(アカエビ、トラエビ)、食塩 賞味期限 干しえび約1ヶ月(要冷蔵) 保存方法 冷蔵庫に入れて保存してください。 販売者名 株式会社 モリタケ八百秀 読売新聞夕刊「辛味主義」萬眞智子さんで八百秀「干しえび」を紹介して戴きました。平成24年12月15日八百秀 干しえび 100g袋入り 原産地:徳島県沖紀伊水道 (当店の干しえびは徳島市漁協で水揚げされた小エビを製造加工した製品です。原材料のえびと食塩のみを使用しております。) ●小エビについて 小エビの種類の見分け方はなかなか難しいのですがクルマエビ科のアカエビ、トラエビを使用しております。 エビこぎ網という小エビを主目的とした底引き網の一種で漁獲されます。 一年中獲れますが夏から秋に掛けては新子(その年生まれのもの)が大量に獲れ、程よい大きさでおいしく当店ではこの時期に獲れたえびを原料としております。 ●干しえびの製造工程 1.水槽:生えびを水洗いする。 2.ボイル:約3~5分ボイルする 3.乾燥機:80℃で約5時間乾燥させる。 4.皮むき機:殻と身をむき分ける 5.唐箕:風で選別し、更に殻と身を分ける。6.選別機:干しえびを大・中・小に分ける。7.唐箕:風力で異物を取り除く。 8.ケース詰め こうして出荷される干しえびをマイナス20℃以下で保存し使用しております。 ■そのままご飯のお供や酢の物に ■ビールやお酒のおつまみに ■そうめんのお出汁に最高です!! ■その他、少し戻して八宝菜や刻んでチャーハンなどに 【クール代金について】【クール】表示の商品につきましては送料とは別途に1ヶ口あたりクール代金【300円+消費税】が掛かります。発送案内時に加算してご連絡申し上げます

八百秀 カットわかめ【鳴門産】 50g×30袋

Amazon

29,160

八百秀 カットわかめ【鳴門産】 50g×30袋

●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 良質わかめが育つ鳴門で育ち、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。

干しえび No50化粧箱入 376g【クール便】

いいもの一番館

5,400

干しえび No50化粧箱入 376g【クール便】

内容量 376g 原材料名 えび(アカエビ、トラエビ)、食塩 賞味期限 干しえび約1ヶ月(要冷蔵) 保存方法 冷蔵庫に入れて保存してください。 製造又は販売者名 株式会社 モリタケ八百秀 読売新聞夕刊「辛味主義」萬眞智子さんで八百秀「干しえび」を紹介して戴きました。平成24年12月15日八百秀 干しえび 376g化粧箱入 原産地:徳島県沖紀伊水道 (当店の干しえびは徳島市漁協で水揚げされた小エビを製造加工した製品です。原材料のえびと食塩のみを使用しております。) ●小エビについて 小エビの種類の見分け方はなかなか難しいのですがクルマエビ科のアカエビ、トラエビを使用しております。 エビこぎ網という小エビを主目的とした底引き網の一種で漁獲されます。 一年中獲れますが夏から秋に掛けては新子(その年生まれのもの)が大量に獲れ、程よい大きさでおいしく当店ではこの時期に獲れたえびを原料としております。 ●干しえびの製造工程 1.水槽:生えびを水洗いする。 2.ボイル:約3~5分ボイルする 3.乾燥機:80℃で約5時間乾燥させる。 4.皮むき機:殻と身をむき分ける 5.唐箕:風で選別し、更に殻と身を分ける。6.選別機:干しえびを大・中・小に分ける。7.唐箕:風力で異物を取り除く。 8.ケース詰め こうして出荷される干しえびをマイナス20℃以下で保存し使用しております。 ■そのままご飯のお供や酢の物に ■ビールやお酒のおつまみに ■そうめんのお出汁に最高です!! ■その他、少し戻して八宝菜や刻んでチャーハンなどに 【クール代金について】【クール】表示の商品につきましては送料とは別途に1ヶ口あたりクール代金【300円+消費税】が掛かります。発送案内時に加算してご連絡申し上げます

【八百秀】本場鳴門糸わかめ 167g化粧箱入 No30

Amazon

3,240

【八百秀】本場鳴門糸わかめ 167g化粧箱入 No30

●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 良質わかめが育つ鳴門で育ち、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。

干しえび No30化粧箱入 220g【クール便】

いいもの一番館

3,240

干しえび No30化粧箱入 220g【クール便】

内容量 220g 原材料名 えび(アカエビ、トラエビ)、食塩 賞味期限 干しえび約1ヶ月(要冷蔵) 保存方法 冷蔵庫に入れて保存してください。 販売者名 株式会社 モリタケ八百秀 読売新聞夕刊「辛味主義」萬眞智子さんで八百秀「干しえび」を紹介して戴きました。 平成24年12月15日八百秀 干しえび 220g化粧箱入 原産地:徳島県沖紀伊水道 (当店の干しえびは徳島市漁協で水揚げされた小エビを製造加工した製品です。原材料のえびと食塩のみを使用しております。) ●小エビについて 小エビの種類の見分け方はなかなか難しいのですがクルマエビ科のアカエビ、トラエビを使用しております。 エビこぎ網という小エビを主目的とした底引き網の一種で漁獲されます。 一年中獲れますが夏から秋に掛けては新子(その年生まれのもの)が大量に獲れ、程よい大きさでおいしく当店ではこの時期に獲れたえびを原料としております。 ●干しえびの製造工程 1.水槽:生えびを水洗いする。 2.ボイル:約3~5分ボイルする 3.乾燥機:80℃で約5時間乾燥させる。 4.皮むき機:殻と身をむき分ける 5.唐箕:風で選別し、更に殻と身を分ける。 6.選別機:干しえびを大・中・小に分ける。 7.唐箕:風力で異物を取り除く。 8.ケース詰め こうして出荷される干しえびをマイナス20℃以下で保存し使用しております。 ■そのままご飯のお供や酢の物に ■ビールやお酒のおつまみに ■そうめんのお出汁に最高です!! ■その他、少し戻して八宝菜や刻んでチャーハンなどに 【クール代金について】【クール】表示の商品につきましては送料とは別途に1ヶ口あたりクール代金【300円+消費税】が掛かります。発送案内時に加算してご連絡申し上げます

【八百秀】本場鳴門糸わかめ72g袋(湯通し))【定形外100】

Amazon

1,512

【八百秀】本場鳴門糸わかめ72g袋(湯通し))【定形外100】

●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 良質わかめが育つ鳴門で育ち、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。

干しえび 200g袋入り【クール便】

いいもの一番館

2,808

干しえび 200g袋入り【クール便】

内容量 200g 原材料名 えび(アカエビ、トラエビ)、食塩 賞味期限 干しえび約1ヶ月(要冷蔵) 保存方法 冷蔵庫に入れて保存してください。 販売者名 株式会社 モリタケ八百秀 読売新聞夕刊「辛味主義」萬眞智子さんで八百秀「干しえび」を紹介して戴きました。平成24年12月15日八百秀 干しえび 200g袋入り 原産地:徳島県沖紀伊水道 (当店の干しえびは徳島市漁協で水揚げされた小エビを製造加工した製品です。原材料のえびと食塩のみを使用しております。) ●小エビについて 小エビの種類の見分け方はなかなか難しいのですがクルマエビ科のアカエビ、トラエビを使用しております。 エビこぎ網という小エビを主目的とした底引き網の一種で漁獲されます。 一年中獲れますが夏から秋に掛けては新子(その年生まれのもの)が大量に獲れ、程よい大きさでおいしく当店ではこの時期に獲れたえびを原料としております。 ●干しえびの製造工程 1.水槽:生えびを水洗いする。 2.ボイル:約3~5分ボイルする 3.乾燥機:80℃で約5時間乾燥させる。 4.皮むき機:殻と身をむき分ける 5.唐箕:風で選別し、更に殻と身を分ける。6.選別機:干しえびを大・中・小に分ける。7.唐箕:風力で異物を取り除く。 8.ケース詰め こうして出荷される干しえびをマイナス20℃以下で保存し使用しております。 ■そのままご飯のお供や酢の物に ■ビールやお酒のおつまみに ■そうめんのお出汁に最高です!! ■その他、少し戻して八宝菜や刻んでチャーハンなどに 【クール代金について】【クール】表示の商品につきましては送料とは別途に1ヶ口あたりクール代金【300円+消費税】が掛かります。発送案内時に加算してご連絡申し上げます

鳴門糸わかめ55g袋入り八百秀(乾燥鳴門わかめ)【国産】【徳島県産】【鳴門産】

徳島県物産センター

1,080

鳴門糸わかめ55g袋入り八百秀(乾燥鳴門わかめ)【国産】【徳島県産】【鳴門産】

品名 乾わかめ(原そう・なるとわかめ) 原材料名 わかめ(鳴門産) 内容量 55g 賞味期限 約6~8ヶ月 保存方法 常温(直射日光をさけて保存) 製法 湯通し塩蔵、乾燥 製造者 (株)モリタケ八百秀 豆知識 乾燥わかめは1月頃より収穫が始まり、4月頃から「新わかめ」として販売されはじめます。 スタッフの一言アドバイス 本品は、袋入りでお買い得ですので、ご家庭用やちょっとしたお土産、プチギフトなどにおすすめです。進物用は化粧箱タイプが人気です。 おすすめの食べ方はわかめサラダ!好みの柔らかさまで戻して、すだちポン酢で頂きます!腰と風味のある鳴門わかめだからとっても美味しいです。酸味の利いたポン酢で海草独特の香りも気になりません。簡単でいて栄養満点! 用途/分類 水産品/水産加工品/海産品/海草類ギフト・御進物・徳島の御土産(お土産・おみやげ)・贈り物・粗品・記念品徳島の特産品鳴門わかめについて わかめとは? わかめは、ヨード・カルシウム・鉄・ビタミンAなどの優れた栄養素を、多量に含んでおり、アルカリ度の高い低カロリー食品のうえ、豊富なβカロチンと、海藻にしか含まれないフコキサチン効果で、体に優しい自然健康食品です。 ワカメは、主役にも脇役にもなれる自然の健康食品です! 内海と外海の海流が激しくぶつかり合う鳴門海峡。そこに生まれる無数のうず潮にもまれて育つ、鳴門わかめ—。色つや、歯ざわり、風味とも最高の逸品を是非ご賞味下さい。 関東圏では三陸の柔らかい塩蔵わかめが主流らしく、鳴門わかめの様に腰があり、歯ごたえの良いわかめにビックリするそうです。 お客様の声 徳島の遠縁の親戚からわかめを送ってもらったことがあるのですが、そのおいしさにびっくりでした。今まで食べていたわかめって、わかめじゃない!!って思いました。...

【八百秀】本場鳴門糸わかめ125g袋(湯通し)

いいもの一番館

2,160

【八百秀】本場鳴門糸わかめ125g袋(湯通し)

八百秀の本場鳴門糸わかめ袋入り125gでございます。手軽なお土産やご家庭用で使われる場合にお得で便利です。 製造元 : モリタケ八百秀 原産地 : 徳島県鳴門海峡近海 ●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 鳴門の良質わかめが育つ環境で育て、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。 内容量 125g 原材料名 湯通し塩蔵わかめ(鳴門) 賞味期限 約1ヶ年 保存方法 高温...

【八百秀】本場鳴門糸わかめ 588g化粧箱入 No100

いいもの一番館

10,800

【八百秀】本場鳴門糸わかめ 588g化粧箱入 No100

八百秀の【本場鳴門糸わかめ 588g化粧箱入 No100】でございます。手軽なお土産やご家庭用で使われる場合にお得で便利です。 製造元 : 株式会社八百秀 原産地 : 徳島県鳴門海峡近海 ●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 鳴門の良質わかめが育つ環境で育て、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。 内容量 588g化粧箱入 原材料名 湯通し塩蔵わかめ(鳴門) 賞味期限 約1ヶ年...

【八百秀】本場鳴門糸わかめ 53g化粧箱入 No10

いいもの一番館

1,080

【八百秀】本場鳴門糸わかめ 53g化粧箱入 No10

八百秀の【本場鳴門糸わかめ 53g化粧箱入 No10】でございます。手軽なお土産やご家庭用で使われる場合にお得で便利です。 製造元 : 株式会社八百秀 原産地 : 徳島県鳴門海峡近海 縦:33.5cm・横:19.5cm・高さ:5.5cm ●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 鳴門の良質わかめが育つ環境で育て、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。 内容量 53g化粧箱入 原材料名...

【八百秀】徳島棒ラーメン 2食入×10袋(ネギ入り)【送料込み】※北海道、沖縄及び離島は別途発送料金が発生します

Amazon

3,780

【八百秀】徳島棒ラーメン 2食入×10袋(ネギ入り)【送料込み】※北海道、沖縄及び離島は別途発送料金が発生します

●本場の味、そのままのおいしさを。 豚骨ベースのコクのある味に醤油だれを加え、 濃厚なのにあっさりとした深い味わいのあるスープ。 更に鶏や煮干などの旨みを加え仕上げに鳴門の焼塩を用いました。 しっかりとしたコシのある細めの半生麺と相性の良い味に仕上がりました。 具材に徳島ラーメンの特徴のひとつである豚バラチャーシューやネギ、メンマ、それから生卵などトッピングして下さい。 ■これが「徳島ラーメン」 徳島ラーメンの基本は醤油ですが、地元に大手ハムメーカーがあった事で大量の豚ガラが安価で手に入りこってりとしたとんこつスープと合わさり、独特の「とんこつ醤油味」が完成しました。 また、トッピングとして甘辛く煮込んだ豚バラ肉や生卵がある事が特徴です。そのためかご飯と一緒におかず感覚で食されています。 徳島ラーメンは地元では「中華」「中華そば」と呼ばれていました。その「徳島中華そば」の有名店が新横浜ラーメン博物館に期間限定で出店し注目され、一躍有名になり全国的に「徳島ラーメン」として定着しました。 今では徳島市内だけで百店舗以上の専門店がある、といわれ全国屈指のラーメン処となっています

【八百秀】本場鳴門糸わかめ100g袋(湯通し)

いいもの一番館

1,728

【八百秀】本場鳴門糸わかめ100g袋(湯通し)

八百秀の本場鳴門糸わかめ袋入り100gでございます。手軽なお土産やご家庭用で使われる場合にお得で便利です。 製造元 : モリタケ八百秀 原産地 : 徳島県鳴門海峡近海 ●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 鳴門の良質わかめが育つ環境で育て、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。 内容量 100g 原材料名 湯通し塩蔵わかめ(鳴門) 賞味期限 約1ヶ年 保存方法 高温...

八百秀 徳島ラーメン 2食入×5袋(10人前具材なし)【送料込み】※北海道、沖縄及び離島は別途発送料金が発生します …

Amazon

2,160

八百秀 徳島ラーメン 2食入×5袋(10人前具材なし)【送料込み】※北海道、沖縄及び離島は別途発送料金が発生します …

●本場の味、そのままのおいしさを。 豚骨ベースのコクのある味に醤油だれを加え、 濃厚なのにあっさりとした深い味わいのあるスープ。 更に鶏や煮干などの旨みを加え仕上げに鳴門の焼塩を用いました。 しっかりとしたコシのある細めの半生麺と相性の良い味に仕上がりました。 具材に徳島ラーメンの特徴のひとつである豚バラチャーシューやネギ、メンマ、それから生卵などトッピングして下さい。 ■これが「徳島ラーメン」 徳島ラーメンの基本は醤油ですが、地元に大手ハムメーカーがあった事で大量の豚ガラが安価で手に入りこってりとしたとんこつスープと合わさり、独特の「とんこつ醤油味」が完成しました。 また、トッピングとして甘辛く煮込んだ豚バラ肉や生卵がある事が特徴です。そのためかご飯と一緒におかず感覚で食されています。 徳島ラーメンは地元では「中華」「中華そば」と呼ばれていました。その「徳島中華そば」の有名店が新横浜ラーメン博物館に期間限定で出店し注目され、一躍有名になり全国的に「徳島ラーメン」として定着しました。 今では徳島市内だけで百店舗以上の専門店がある、といわれ全国屈指のラーメン処となっています

【八百秀】本場鳴門糸わかめ315g袋(湯通し)

いいもの一番館

5,400

【八百秀】本場鳴門糸わかめ315g袋(湯通し)

八百秀の本場鳴門糸わかめ袋入り315gでございます。手軽なお土産やご家庭用で使われる場合にお得で便利です。 製造元 : モリタケ八百秀 原産地 : 徳島県鳴門海峡近海 ●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 鳴門の良質わかめが育つ環境で育て、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。 内容量 315g 原材料名 湯通し塩蔵わかめ(鳴門) 賞味期限 約1ヶ年 保存方法 高温...

【八百秀】本場鳴門糸わかめ 110g化粧箱入 No20

いいもの一番館

2,160

【八百秀】本場鳴門糸わかめ 110g化粧箱入 No20

八百秀の【本場鳴門糸わかめ 110g化粧箱入 No20】でございます。手軽なお土産やご家庭用で使われる場合にお得で便利です。 製造元 : 株式会社八百秀 原産地 : 徳島県鳴門海峡近海 縦:縦:35.5cm・横:22.5cm・高さ:9cm ●鳴門わかめの特徴 鳴門海峡近海の激しい潮流にもまれ育ち、色つや・歯ごたえ・風味が良いことで有名です。 ●製法について 海から上げたばかりのわかめは褐色ですが、さっとお湯に通すとアクが取れ、みずみずしい緑色に変わります。 これに食塩を加え冷蔵庫で保管します。 この塩蔵わかめの塩分を水で洗い流し、茎を取り良質部分を選別し乾燥させれば細長い乾燥わかめ(この形状から糸わかめと呼ばれる。)に仕上がります。 ●鳴門わかめの歴史 鳴門わかめの特徴として江戸時代から続く灰干し製法が有名でした。 これは海から採れたわかめに草木灰をまぶすことによりわかめのアクを取り、また軟化を防ぎ冷蔵庫のない時代に長期保存が可能となりました。 しかし、近年になって製造に用いられる良質の草木灰の確保が難しくなったこと、また加工過程で発生する排水の処理が難しく行政指導により灰干しわかめの製造が出来なくなりました。 現在主流の湯通し塩蔵わかめですが、生産技術の進歩や冷蔵施設の拡充により従来よりの灰干し わかめに比べてもおいしい鳴門糸わかめになっております。 ●糸わかめの特徴 わかめをじっくり乾燥させることにより生わかめにはない歯ごたえ・風味が生まれ、わかめをより一層おいしくさせています。 また、一般的なカットわかめは機械による流れ作業で大量生産されるのでわかめ自体が痛み、わかめの風味が大きく損なわれます。 鳴門の良質わかめが育つ環境で育て、手間暇かけて出来上がった「鳴門糸わかめ」をどうぞご賞味ください。 内容量 110g化粧箱入...

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク