メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「和牛テール」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

戸塚正商店 島根県産出雲仁多米「コシヒカリ こしひかり」2kg 28年産

Amazon

2,095

戸塚正商店 島根県産出雲仁多米「コシヒカリ こしひかり」2kg 28年産

内 容 島根県産 こしひかり 28年産 2kg 商品説明 数多くの神話や伝説が語り継がれている山陰の島根県奥出雲。中国山地の山々に抱かれた仁多地方は、山の斜面に美しい棚田が広がり、日本の原風景をイメージさせる。そこには400?500年の伝統を持つ、先祖代々受け継がれた米づくりが息づいている。 仁多米が良食味であるのには理由がある。それは、仁多地方の水田が標高300?500メートルにあり、登熟期間に日較差(昼夜の気温差)が大きいこと。そのため米粒内でのデンプン蓄積が多く、逆にタンパク質が必要以上に増えずおいしくなる。魚沼コシヒカリの故郷・新潟県魚沼地方よりも夏の気温が1℃低くく、病害虫の発生も少ないという好条件にも恵まれている。 中国山地の懐、清らかな川の流れる山里「奥出雲仁多郡」。ここでとれる「仁多米」コシヒカリは、尊い労力と手間をいとわずに守り抜いた本物の「米」です。この仁多米で炊いたご飯は、口にするとこしのある歯ごたえと、ご飯の甘味がふくよかに口中にひろがり、ああ「日本のごはん」だなあと感じます。 和牛の飼育が盛んな仁多地方の農家では、家族のようにかわいがっている和牛に、天日干しの稲わらをたべさせてその牛糞を堆肥につかっています. 堆肥を使った土づくり 仁多郡内では和牛の飼育が盛んで、現在でも郡内で約4,000頭もの和牛が飼育されています。安全安心な土づくりのため大規模な堆肥センターを建設し、完熟堆肥による仁多米生産を行っています。また、生産者大会を開催するなど産地ぐるみで減化学肥料、減農薬に向けて取り組んでいます。 循環型農業 安心安全なお米づくりのために、地域の特産品「椎茸」の廃ホダ・「和牛」の完熟堆肥による有機資源を肥料とし、相互に利用しあう自然にやさしい農業に取り組んでいます。旧仁多町(横田町との合併により現在は出雲町...

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク