メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「塩粒うに」検索結果。

塩粒うにの商品検索結果全189件中1~60件目

阿久根の五宝海(ギフトセット)

Amazon

5,400

阿久根の五宝海(ギフトセット)

海の宝である「うに」の美味しさをお届けするため、 素材の味を生かしてアレンジした、うに屋特製の「うにあえもの」です。 新鮮なウニのそれぞれのおいしさを食べ比べするのも楽しいですね。酒の肴に、ご飯のおともにいかがですか! 御贈答に喜ばれる豪華な逸品の詰め合わせをご用意しました。 【内容量】 各40g×5種類各1個 1.酒好熟うに2. 粒うに3. うにみそ4. あわびうに5. いかうに 【原材料】 あわびうに(うにあえもの):粒うに〔塩うに(鹿児島産)、アルコール(10%)、蜂蜜〕、あわび(鹿児島産) いかうに(うにあえもの):粒うに〔塩うに(鹿児島産)、アルコール(10%)、蜂蜜〕、松いか(鹿児島産) 粒うに:塩うに(鹿児島産)、アルコール(10%)、蜂蜜 雲丹味噌:麦味噌、うに(卵巣)、キビ糖、酒粕、かつおだし、芋焼酎 酒好熟うに:うに(鹿児島産)、塩、芋焼酎 【賞味期限】 うにみそ 1年 あわびうに・いかうに・粒うに 6ヶ月 ご注文の前に必ずご確認下さい この商品は産地直送のため指定日等を含め配達日のご指定は お受けできませんのでご了承の上、ご注文頂けますようお願い申し上げます。 また、他の商品との同梱はできませんのでご了承下さい。 返品交換等は、商品の特性上、お客様のご都合による返品はお断りさせていただきます。 ほかの一緒にご注文の場合は、別発送となり、送料が別途かかりますのでご注意下さい。 ご注文いただいてから準備が出来次第、ご注文順に発送させていただきます。

下関発 薫る醤油 プレミアムセット 3本

JAタウン

5,080

下関発 薫る醤油 プレミアムセット 3本

●●●●●●●●●●●●●●●●●●下関発![薫る醤油]誕生!世界初の旨みとコク!くじら醤油と芳醇な薫りと上品な味に♪ふく魚醤!うに独特の風味と味わい!うに魚醤のセットです! ●●●●●●●●●●●●●●●●●●←山口県下関では、なじみの食材「くじら肉の赤み」に、醤油麹と塩だけを使用し、毎日手作業で攪拌・・手間を惜しまず、ようやく完成した♪世界で初めての絶品醤油!「くじら醤油」くじらの、コクのある旨みがそのまま生きています!←下関といえばふぐ!山口では「ふぐ」を「福」にかけて「ふく」と呼びます!全国的にも有名な、この高級特産品を使用して、じっくりと醸造させた魚醤!「ふく魚醤」ふぐ由来の淡白な味わいと、高く上品な薫りが豊かな万能調味料です♪魚醤特有のクセのある匂いがない!贅沢な逸品です!←粒うに発祥の地、下関から・・・!!高級食材の「うに身」をそのまま醗酵♪「うに魚醤」うに独特の濃厚な味わいと風味を、しっかりと生かした魚醤です!エキスではなく、うにの身を活用して醤油をつくる。粒うにの発祥の地、下関ならではの発想をお試しください。●●●●●●●●●●●●●●●●●●

礼文の一夜漬け粒うに

築地 大野水産

3,218

礼文の一夜漬け粒うに

[内容量] 1瓶(60g) [配送温度帯] ※冷凍・冷蔵商品と同梱が可能です。礼文の一夜漬け粒うに 酒の肴にバツグン! 日本海を北上する対馬海流と南下するリマン海流の出会う利尻島・礼文島のあたりは、岩礁が多く餌になる海藻が多いという好条件のため、非常によいウニの漁場となっています。 春から夏にかけて北海道各地で解禁となりますが、ここ利尻・礼文も6月から8月が漁期となり新物のウニが築地へ入荷してきます。 ただ今年は生うに全般に言えることなのですが、水揚げ量が少なく近年にない不漁の年となっています。 この利尻・礼文も同じで、時化続き・資源不足と海藻の異常繁茂により激減しており、利尻島産での塩うに加工ができない程厳しい状況になっています。 さてその状況の中先週末に、礼文産の一夜漬け粒うにの新物の入荷がありました!厳しい状況の中で安く提供できるよう努力するとのメーカーからの一筆も添えられていました。 例年はバフンウニのみなのですが、今年はバフンウニとムラサキウニの2種類のサンプルを見せてもらい試食をしました。 見た目はバフンウニの方がやや赤色が強く舌触りが重い感じ。一方ムラサキウニはやや薄色で舌触りが滑らかであっさり食べやすいです。お値段もムラサキウニの方が安く、今年はこのムラサキウニの一夜漬け粒うにをご紹介することにしました。 礼文島の新鮮なムラサキウニを赤穂の天塩を使った塩水に約15分ほど漬け込んでから水切りをしただけの非常にシンプルな作り方が特徴です。よくあるアルコールを添加した安物とは違いますから変な味が口に残りません。 酒の肴にいいですよねぇこれは。箸の先の塩うにを舐めながらぬる燗がいいかな! 聞いたところによると上顎の裏にこの塩うにを貼り付けそれを酒で融かしながら飲むのが昔ながらの食べ方だとか・・。長期保存ができますので...

スポンサーリンク
スポンサーリンク