メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「沖縄黒砂糖」検索結果。

沖縄黒砂糖の商品検索結果全1,796件中1~60件目

送料無料
波照間黒砂糖粉末 250g × 18袋

Amazon

3,580

波照間黒砂糖粉末 250g × 18袋

■別格の黒砂糖として知られる波照間産 粉末の波照間産黒砂糖は、黒砂糖をそのまま食べるだけでも、高い香りと深い旨みのある1個のお菓子のような存在感があります。 10年ほど前に黒砂糖が供給過剰となり沖縄周辺の黒砂糖工場で在庫がたくさん出て困った時でも、波照間産は品不足でした。 ■波照間産で違い実感の料理・飲み物・全粒粉 非精製の砂糖つまり黒砂糖は、食の基本である玄米全粒粉+小麦胚芽のようにミネラル等の微量な栄養素が多い共通性があります。 波照間産黒砂糖を非精製の粉類と一緒に食べると更においしくなります。 コーヒーに波照間産黒砂糖を入れると、コーヒーの味と良くマッチし、喫茶店でコーヒーを飲む時に持参したい程です。 ■元気実感食や豆乳を美味しくする波照間産黒砂糖 身体の掃除が穀類の中で特に得意な玄米全粒粉及びビタミン・ミネラルが多い小麦胚芽は素材そのものの旨みがありますが、波照間産黒砂糖を一緒に食べると更に美味しくなります。波照間産黒砂糖を豆乳に入れても美味しいです。 ■波照間産黒砂糖が旨い理由 沖縄県 波照間島(はてるまとう)は、石垣島から南西60キロほどに位置します。 有人島では『日本最南端の島』で、年間平均気温20度以上の気候でよく育つといわれるサトウキビには好条件となるようです。西表は波照間の隣の島です。

小浜島産かち割黒糖 10袋入り

JAタウン

3,780

小浜島産かち割黒糖 10袋入り

素材を厳選して作ったこだわりの味です。さとうきびの汁を絞って煮詰める、それが沖縄黒糖春と夏に植えつけられるさとうきびは、台風の多い時期を乗り越えて大人の背丈より高く成長し冬場に収穫。島の工場が稼働するのは、さとうきびが糖分を一番貯える12月から4月にかけて。刈り取ったさとうきびの味が損なわれないうちに向上に運び込まれ、風味の高い沖縄黒糖になります。沖縄で黒砂糖が作られるようになったのは、元和9年(1623年)。古くから沖縄の味として親しまれてきた黒糖は、茶菓子としてだけでなく、琉球料理やお菓子にも広く利用されています。職人の手で丁寧に作り上げている沖縄県産黒糖を、真心こめてお贈りします。 小浜島産黒糖の特徴 小浜島は、八重山列島の石垣島と西表島の間にあり、緑の田園とさとうきび畑が広がるのどかな島です。さとうきびを突き抜ける一本道「シュガーロード」が有名です。小浜島の黒糖は、前面に甘味が出ており、マイルドな味わいです。大きさも程よく、食べやすく仕上がっています。【名称】黒糖【原料名】さとうきび(沖縄県産)【内容量】200g【賞味期限】パッケージ裏側に印字【保存方法】直射日光や高温多湿の場所を避けて保管してください。【のし対応】のし対応不可

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク