メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「袋詰め菓子」検索結果。

袋詰め菓子の商品検索結果全365件中1~60件目

和三盆《霰三盆》曲物入 100g/干菓子/砂糖/お茶請け/徳島名産

徳島県物産センター

2,260

和三盆《霰三盆》曲物入 100g/干菓子/砂糖/お茶請け/徳島名産

品名 干菓子 霰三盆 原材料名 和三盆糖 内容量 100g曲げ物詰め 箱サイズ 直径約10cm×高さ約4.5cm 賞味期限 約6ヶ月以上 保存方法 冷暗所(直射日光を避けて保存してください) 製造者 冨士屋 豆知識 代表銘菓「小男鹿」の名で全国的に知られている「冨士屋」は、阿波徳島で創業し、およそ百三十年の伝統を持つ和菓子屋の老舗です。和菓子にも使っている冨士屋の和三盆糖は、従来の和三盆の製造方に冨士屋独自の一手間がかけられているそうです。 スタッフの一言アドバイス 本品は、型押ししていない「和三盆」ですが、指定文化財阿波藍を使用した曲げ容器は、風雅な阿波国を紹介するにふさわしい、気品ある仕上がりで、最高級のご進物用として人気の逸品です。ご家庭用や、ちょっとしたプレゼントには「霰三盆袋詰め」がおすすめです! 冨士屋の「和三盆」は、全国の高級飲食店などにも広くご利用いただいております人気商品です。 用途/分類 阿波・徳島特産品/名産品/和菓子/和三盆糖/干菓子/落雁/らくがん/高級砂糖/さとうきび/サトウキビ/お茶菓子/お茶請けギフト/プレゼント/御進物/徳島 帰省 土産/徳島の御土産(お土産・おみやげ)/贈り物/粗品/記念品/贈答品/御祝/お祝/内祝/御礼/お礼阿波の名産"和三盆"糖とは、徳島と香川のみで作られる、在来品種「竹糖」からできるサトウキビ(砂糖)の最上級品です。優しい香り、滑らかで後味の良いあっさりした甘さは、自然の甘味です—。手間暇かけた贅沢の極みを是非ご賞味くださいませ—。 和三盆糖は、江戸時代から伝わる伝統的な砂糖です。徳島藩では、1800年代前半に精糖方法が確立し、特産品として日本各地に知られるようになりました。 本来「和三盆糖」とは、徳島県と隣県の香川県で作られる、在来品種「竹糖...

栗 もなか プレミアム 10個入り

Amazon

2,400

栗 もなか プレミアム 10個入り

商品について▼ 奈良の和菓子屋「壽堂」の通販限定、100%国産栗を使用した栗最中(もなか)です。 最中種(皮)の中に、先代から変わらぬ製法で丁寧に炊き上げた餡と、徳島県産の大きな栗の甘露煮を一粒まるごと入れ、しっとり上品に仕上げました。 ご注文いただいてからお作りし、袋詰めしますので、最中のパリパリとした食感や風味、豊かな香りを味わっていただけることと思います。 贈り物やお土産にもどうぞ。 お届け日時の指定について▼ 購入時に「お届け日時指定便」をお選びいただくか、お急ぎの場合は「出品者に連絡」からご連絡下さい。 通常は2-3営業日中の発送となります。 熨斗(のし)について▼ 熨斗をご希望の方は、「出品者に連絡」よりご連絡ください。 その際、熨斗の種類、名入れ、表書きをお伝えください。 壽堂について▼ 昭和11年、奈良県橿原市に創業。以来80年近く地元に愛されてきました。 (和菓子職人の紹介)壽堂店主・徳田祐二 奈良県橿原市に壽堂3代目として生まれる。 高校卒業後、辻製菓専門学校和菓子専攻科に入学。その後、壽堂にて10年間修業した。 後継者となり、ご縁をいただいて、平成18年に2店舗目を同市内、中和幹線葛本店を開店。 ほど近くに飛鳥時代の遺跡が残る藤原京跡や明日香村があることから、飛鳥の歴史、地名にまつわる菓子を多く生み出している。 「味へのこだわりはもちろんのこと、奈良の歴史を知ってもらいたい、という思いを凝縮させて、和菓子を作り続けています。」

ちんすこう 袋詰め6点セット (2個×18袋入り) (黒糖・ココナッツ・チョコ・バニラ・紅いも・パイン) ×2袋 ながはま製菓 琉球銘菓 昔ながらの手作りちんすこう クッキーのようなサクサク食感...

Amazon

1,568

ちんすこう 袋詰め6点セット (2個×18袋入り) (黒糖・ココナッツ・チョコ・バニラ・紅いも・パイン) ×2袋 ながはま製菓 琉球銘菓 昔ながらの手作りちんすこう クッキーのようなサクサク食感...

沖縄伝統銘菓、ちんすこう。手作りならではの優しい味。ご自宅用としてはもちろん、お土産にも喜ばれます。この商品は、黒糖味・ココナッツ味・チョコ味・バニラ味・紅いも味・パイン味の6種詰め合わせセットです。琉球は南海の一孤島でありながら、古来中国や朝鮮、日本本土及び遠く南方諸国との交流文化が盛んで、常に新しい文物を輸入し、これを消化して独自の琉球文化の華を咲かせました。菓子の製法も英祖王統時代(1260~1349年)すでに南方より砂糖が輸入され、1404年の冊封史(中国より琉球王を任命する為の使節)の渡来以来、多彩な中国製菓法が伝えられました。そこに和洋の製法を加え、今日のような独特な風格のお菓子が創案されたのです。その種類はなんと数百十種を超えるとされていますが、その中から特に「ちんすこう」を選び、かつて王侯貴族用として珍重された伝統的な味に、新しい時代の嗜好に合うよう工夫、吟味して調整されたものがながはま製菓のちんすこうなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク