メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「赤えんどう豆」検索結果。

赤えんどう豆の商品検索結果全165件中1~60件目

【みつ豆・豆かんに】レッドピース(赤えんどう豆) 水煮 北海道産 1号缶(固形量:2000g)バラ売り[天狗缶詰/業務用]

e−缶詰屋 こてんぐ

1,770

【みつ豆・豆かんに】レッドピース(赤えんどう豆) 水煮 北海道産 1号缶(固形量:2000g)バラ売り[天狗缶詰/業務用]

商品名 レッドピース 水煮 北海道産 1号缶 説明 北海道産赤えんどう豆の水煮缶詰です。レッドピースというとあまり馴染みがありませんが、みつ豆に入っているあのお豆です。 粒の大きさは約9mm。コロっとした小さな豆ですが、濃いこげ茶色をしているので料理にアクセントを与えてくれます。 北海道産乾燥赤えんどう豆を、愛知県豊川市にある自社工場で加工。厳しい原料チェックを行った後、一晩水に漬け、乾燥状態から戻した豆を一度ボイルします。 異物の混入を防ぐため、石取り・金属探知などの工程を経て缶詰にします。 乾燥豆を水で戻して下ゆでするのは大変ですよね。天狗缶詰のレッドピース水煮を使えば缶を開けて水切りするだけ。そのまますぐにご使用いただけます。隠し味に砂糖でほんの少し甘味がつけてあるので、みつ豆、豆大福に最適です。 カロリー (100g当たり) 147kcal 缶型 1号缶 品名 レッドピース・水煮 原材料名 赤えんどう、砂糖、食塩、塩化Ca 固形量 2,000g 内容総量 3,150g 賞味期間 製造後3年間 製造者 天狗缶詰株式会社 名古屋市中区金山1-12-14豆大福やみつまめ、豆かんなどの赤えんどうに天狗缶詰のレッドピースはいかがでしょうか。 レッドピースって何?と思われるかたも多いと思いますが、レッドピースはみつ豆に入っている赤えんどうのことです。 天狗缶詰の製品は北海道産のレッドピースを水煮にし、缶詰にしています。 天狗缶詰のレッドピースは、甘いものや素材の味を引き立てるように軽く塩気をきかせています。 また、天狗缶詰の赤えんどうは隠し味に少し砂糖を加えているので塩気を引き出したり、甘いものと合わせても調和しやすくなっています。 天狗缶詰のレッドピース缶詰は、品質管理を徹底した天狗缶詰自社工場で、仕入れた原料をしっかりチェックし...

【みつ豆・豆かんに】レッドピース(赤えんどう豆) 水煮 北海道産 金線 4号缶(固形量:285g×24缶入り) ケース売り[天狗缶詰/業務用]

e−缶詰屋 こてんぐ

7,128

【みつ豆・豆かんに】レッドピース(赤えんどう豆) 水煮 北海道産 金線 4号缶(固形量:285g×24缶入り) ケース売り[天狗缶詰/業務用]

商品名 レッドピース 水煮 北海道産 金線 4号缶 入り数 24 説明 北海道産赤えんどう豆の水煮缶詰です。レッドピースというとあまり馴染みがありませんが、みつ豆に入っているあのお豆です。 粒の大きさは約9mm。コロっとした小さな豆ですが、濃いこげ茶色をしているので料理にアクセントを与えてくれます。 北海道産乾燥赤えんどう豆を、愛知県豊川市にある自社工場で加工。厳しい原料チェックを行った後、一晩水に漬け、乾燥状態から戻した豆を一度ボイルします。 異物の混入を防ぐため、石取り・金属探知などの工程を経て缶詰にします。 1缶に421~434粒入っています。乾燥豆を水で戻して下ゆでするのは大変ですよね。天狗缶詰のレッドピース水煮を使えば缶を開けて水切りするだけ。そのまますぐにご使用いただけます。隠し味に砂糖でほんの少し甘味がつけてあるので、みつ豆、豆大福に最適です。 カロリー (100g当たり) 147kcal 缶型 4号缶 品名 レッドピース・水煮 原材料名 赤えんどう、砂糖、食塩、塩化Ca 固形量 285g 内容総量 450g 賞味期間 製造後3年間 製造者 天狗缶詰株式会社 名古屋市中区金山1-12-14

豆力特選 北海道産 青豌豆(エンドウ) 1kg

Amazon

2,230

豆力特選 北海道産 青豌豆(エンドウ) 1kg

北海道産の青豌豆です。えんどうは、古くから人類と関わりの深い豆類の一つで、起源はメソポタミアと考えられています。えんどうの利用法は非常に多様で、完熟種子を乾燥豆として使う以外に、未熟の莢を食べる「さやえんどう」、完熟前の軟らかい豆を莢からむいて食べる「グリーンピース」、グリーンピース大まで育った未熟の豆を莢ごと食べる「スナップエンドウ」、さらに新芽を摘んで食べる「豆苗(とうみょう)」がありますが、これらは野菜として扱われています。乾燥豆には、子実の色により、青えんどうと赤えんどうがあります。青えんどうは煮豆、甘納豆、うぐいす餡、炒り豆、フライビーンズなどの原料になり、最近ではスナック菓子や発泡酒の原料としても利用されています。一方、赤えんどうは、古くから蜜豆(みつまめ)や豆大福(まめだいふく)に使われ、和菓子の落雁(らくがん)用としても重要です。調理例、用途 1)ザル等に入れ水で洗った後、6時間~8時間水戻しをして、その後3倍量の水を鍋に入れ、蓋をしないで中火~強火にかけます。2)沸騰し始めたら、そのまま数分煮立ててから差し水をし、再び煮立ったら、泡状に浮いてくるアクをすくい取ります。なお、沸騰後、煮汁を一旦捨てて新しい水に入れ替える「ゆでこぼし」によりアク抜きをする方法もあります。3)その後、弱火にして落とし蓋をし、途中、水分の蒸発により豆が湯からはみ出さないよう適宜差し水をしながら、指で押してつぶれる程度軟らかくなるまでゆで上げます。4)最後に味付けをします。

豆力特選 北海道産 赤豌豆(エンドウ) 1kg

Amazon

1,430

豆力特選 北海道産 赤豌豆(エンドウ) 1kg

北海道産の赤豌豆です。えんどうは、古くから人類と関わりの深い豆類の一つで、起源はメソポタミアと考えられています。えんどうの利用法は非常に多様で、完熟種子を乾燥豆として使う以外に、未熟の莢を食べる「さやえんどう」、完熟前の軟らかい豆を莢からむいて食べる「グリーンピース」、グリーンピース大まで育った未熟の豆を莢ごと食べる「スナップエンドウ」、さらに新芽を摘んで食べる「豆苗(とうみょう)」がありますが、これらは野菜として扱われています。乾燥豆には、子実の色により、青えんどうと赤えんどうがあります。青えんどうは煮豆、甘納豆、うぐいす餡、炒り豆、フライビーンズなどの原料になり、最近ではスナック菓子や発泡酒の原料としても利用されています。一方、赤えんどうは、古くから蜜豆(みつまめ)や豆大福(まめだいふく)に使われ、和菓子の落雁(らくがん)用としても重要です。 調理例、用途 1)ザル等に入れ水で洗った後、6時間~8時間水戻しをして、その後3倍量の水を鍋に入れ、蓋をしないで中火~強火にかけます。2)沸騰し始めたら、そのまま数分煮立ててから差し水をし、再び煮立ったら、泡状に浮いてくるアクをすくい取ります。なお、沸騰後、煮汁を一旦捨てて新しい水に入れ替える「ゆでこぼし」によりアク抜きをする方法もあります。3)その後、弱火にして落とし蓋をし、途中、水分の蒸発により豆が湯からはみ出さないよう適宜差し水をしながら、指で押してつぶれる程度軟らかくなるまでゆで上げます。4)最後に味付けをします。

【みつ豆・豆かんに】レッドピース(赤えんどう豆) 水煮 北海道産 1号缶(固形量:2000g×6缶入り)ケース売り[天狗缶詰/業務用]

e−缶詰屋 こてんぐ

9,558

【みつ豆・豆かんに】レッドピース(赤えんどう豆) 水煮 北海道産 1号缶(固形量:2000g×6缶入り)ケース売り[天狗缶詰/業務用]

商品名 レッドピース 水煮 北海道産 1号缶 入り数 6 説明 北海道産赤えんどう豆の水煮缶詰です。レッドピースというとあまり馴染みがありませんが、みつ豆に入っているあのお豆です。 粒の大きさは約9mm。コロっとした小さな豆ですが、濃いこげ茶色をしているので料理にアクセントを与えてくれます。 北海道産乾燥赤えんどう豆を、愛知県豊川市にある自社工場で加工。厳しい原料チェックを行った後、一晩水に漬け、乾燥状態から戻した豆を一度ボイルします。 異物の混入を防ぐため、石取り・金属探知などの工程を経て缶詰にします。 乾燥豆を水で戻して下ゆでするのは大変ですよね。天狗缶詰のレッドピース水煮を使えば缶を開けて水切りするだけ。そのまますぐにご使用いただけます。隠し味に砂糖でほんの少し甘味がつけてあるので、みつ豆、豆大福に最適です。 カロリー (100g当たり) 147kcal 缶型 1号缶 品名 レッドピース・水煮 原材料名 赤えんどう、砂糖、食塩、塩化Ca 固形量 2,000g 内容総量 3,150g 賞味期間 製造後3年間 製造者 天狗缶詰株式会社 名古屋市中区金山1-12-14

まめやの底力 イギリス産 マローハットピース(青豌豆) 1kg

Amazon

1,080

まめやの底力 イギリス産 マローハットピース(青豌豆) 1kg

イギリス産のマローハットピース(青豌豆)です。えんどうは、古くから人類と関わりの深い豆類の一つで、起源はメソポタミアと考えられています。えんどうの利用法は非常に多様で、完熟種子を乾燥豆として使う以外に、未熟の莢を食べる「さやえんどう」、完熟前の軟らかい豆を莢からむいて食べる「グリーンピース」、グリーンピース大まで育った未熟の豆を莢ごと食べる「スナップエンドウ」、さらに新芽を摘んで食べる「豆苗(とうみょう)」がありますが、これらは野菜として扱われています。乾燥豆には、子実の色により、青えんどうと赤えんどうがあります。青えんどうは煮豆、甘納豆、うぐいす餡、炒り豆、フライビーンズなどの原料になり、最近ではスナック菓子や発泡酒の原料としても利用されています。一方、赤えんどうは、古くから蜜豆(みつまめ)や豆大福(まめだいふく)に使われ、和菓子の落雁(らくがん)用としても重要です。 調理例、用途 1)ザル等に入れ水で洗った後、6時間~8時間水戻しをして、その後3倍量の水を鍋に入れ、蓋をしないで中火~強火にかけます。2)沸騰し始めたら、そのまま数分煮立ててから差し水をし、再び煮立ったら、泡状に浮いてくるアクをすくい取ります。なお、沸騰後、煮汁を一旦捨てて新しい水に入れ替える「ゆでこぼし」によりアク抜きをする方法もあります。3)その後、弱火にして落とし蓋をし、途中、水分の蒸発により豆が湯からはみ出さないよう適宜差し水をしながら、指で押してつぶれる程度軟らかくなるまでゆで上げます。4)最後に味付けをします。

底力 イギリス産 赤豌豆(エンドウ) 1kg

Amazon

1,150

底力 イギリス産 赤豌豆(エンドウ) 1kg

イギリス産の赤豌豆です。えんどうは、古くから人類と関わりの深い豆類の一つで、起源はメソポタミアと考えられています。えんどうの利用法は非常に多様で、完熟種子を乾燥豆として使う以外に、未熟の莢を食べる「さやえんどう」、完熟前の軟らかい豆を莢からむいて食べる「グリーンピース」、グリーンピース大まで育った未熟の豆を莢ごと食べる「スナップエンドウ」、さらに新芽を摘んで食べる「豆苗(とうみょう)」がありますが、これらは野菜として扱われています。乾燥豆には、子実の色により、青えんどうと赤えんどうがあります。青えんどうは煮豆、甘納豆、うぐいす餡、炒り豆、フライビーンズなどの原料になり、最近ではスナック菓子や発泡酒の原料としても利用されています。一方、赤えんどうは、古くから蜜豆(みつまめ)や豆大福(まめだいふく)に使われ、和菓子の落雁(らくがん)用としても重要です。調理例、用途 1)ザル等に入れ水で洗った後、6時間~8時間水戻しをして、その後3倍量の水を鍋に入れ、蓋をしないで中火~強火にかけます。2)沸騰し始めたら、そのまま数分煮立ててから差し水をし、再び煮立ったら、泡状に浮いてくるアクをすくい取ります。なお、沸騰後、煮汁を一旦捨てて新しい水に入れ替える「ゆでこぼし」によりアク抜きをする方法もあります。3)その後、弱火にして落とし蓋をし、途中、水分の蒸発により豆が湯からはみ出さないよう適宜差し水をしながら、指で押してつぶれる程度軟らかくなるまでゆで上げます。4)最後に味付けをします。

豆力特選 北海道産 赤豌豆(エンドウ) 250g

Amazon

600

豆力特選 北海道産 赤豌豆(エンドウ) 250g

北海道産の赤豌豆です。えんどうは、古くから人類と関わりの深い豆類の一つで、起源はメソポタミアと考えられています。えんどうの利用法は非常に多様で、完熟種子を乾燥豆として使う以外に、未熟の莢を食べる「さやえんどう」、完熟前の軟らかい豆を莢からむいて食べる「グリーンピース」、グリーンピース大まで育った未熟の豆を莢ごと食べる「スナップエンドウ」、さらに新芽を摘んで食べる「豆苗(とうみょう)」がありますが、これらは野菜として扱われています。乾燥豆には、子実の色により、青えんどうと赤えんどうがあります。青えんどうは煮豆、甘納豆、うぐいす餡、炒り豆、フライビーンズなどの原料になり、最近ではスナック菓子や発泡酒の原料としても利用されています。一方、赤えんどうは、古くから蜜豆(みつまめ)や豆大福(まめだいふく)に使われ、和菓子の落雁(らくがん)用としても重要です。調理例、用途 1)ザル等に入れ水で洗った後、6時間~8時間水戻しをして、その後3倍量の水を鍋に入れ、蓋をしないで中火~強火にかけます。2)沸騰し始めたら、そのまま数分煮立ててから差し水をし、再び煮立ったら、泡状に浮いてくるアクをすくい取ります。なお、沸騰後、煮汁を一旦捨てて新しい水に入れ替える「ゆでこぼし」によりアク抜きをする方法もあります。3)その後、弱火にして落とし蓋をし、途中、水分の蒸発により豆が湯からはみ出さないよう適宜差し水をしながら、指で押してつぶれる程度軟らかくなるまでゆで上げます。4)最後に味付けをします。

豆力特選 北海道産 青豌豆(エンドウ) 250g

Amazon

488

豆力特選 北海道産 青豌豆(エンドウ) 250g

北海道産の青豌豆です。えんどうは、古くから人類と関わりの深い豆類の一つで、起源はメソポタミアと考えられています。えんどうの利用法は非常に多様で、完熟種子を乾燥豆として使う以外に、未熟の莢を食べる「さやえんどう」、完熟前の軟らかい豆を莢からむいて食べる「グリーンピース」、グリーンピース大まで育った未熟の豆を莢ごと食べる「スナップエンドウ」、さらに新芽を摘んで食べる「豆苗(とうみょう)」がありますが、これらは野菜として扱われています。乾燥豆には、子実の色により、青えんどうと赤えんどうがあります。青えんどうは煮豆、甘納豆、うぐいす餡、炒り豆、フライビーンズなどの原料になり、最近ではスナック菓子や発泡酒の原料としても利用されています。一方、赤えんどうは、古くから蜜豆(みつまめ)や豆大福(まめだいふく)に使われ、和菓子の落雁(らくがん)用としても重要です。調理例、用途 1)ザル等に入れ水で洗った後、6時間~8時間水戻しをして、その後3倍量の水を鍋に入れ、蓋をしないで中火~強火にかけます。2)沸騰し始めたら、そのまま数分煮立ててから差し水をし、再び煮立ったら、泡状に浮いてくるアクをすくい取ります。なお、沸騰後、煮汁を一旦捨てて新しい水に入れ替える「ゆでこぼし」によりアク抜きをする方法もあります。3)その後、弱火にして落とし蓋をし、途中、水分の蒸発により豆が湯からはみ出さないよう適宜差し水をしながら、指で押してつぶれる程度軟らかくなるまでゆで上げます。4)最後に味付けをします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク