メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「飴にっき」検索結果。

飴にっきの商品検索結果全6件中1~6件目

こちらの関連商品はいかがですか?

露堂々【お取り寄せ 島根 和三盆 干菓子 お茶うけ 茶菓子 茶道 和菓子 彩雲堂 出雲】

彩雲堂 楽天市場店

702

露堂々【お取り寄せ 島根 和三盆 干菓子 お茶うけ 茶菓子 茶道 和菓子 彩雲堂 出雲】

名称 露堂々1箱内容量 1箱賞味期限日持ち90日外寸12×10.5×2.5 cm原材料名和三盆糖、着色料(赤3、赤106、黄4、黄5、青1) コメント昔ながらの製法(手作業)で作られる貴重な和三盆糖を、四国の製造元から特別に分けてもらっています。 口に入れると雪のように溶け、ほのかな甘さが残ります。 お茶席はもちろん、自宅・職場で淹れるブラックコーヒーのお供としても最適です。 商品名の由来 嘘偽り無く堂々と現れている大自然を無心に眺める心境を表す禅語「明歴々露堂々」より名づけました。 製法について 四国で収穫されたサトウキビの茎を搾った液を煮つめて結晶化させます。 これに少量の水を加えながら練り上ることで粒子を細かくします。 次に布の袋に入れて圧搾し、黒い糖蜜を抜いていきます。 この作業を何度か繰り返すことにより、和三盆糖ができあがります。 讃岐三盆糖とは 讃岐の和三盆糖の歴史は、八代将軍吉宗が糖業を奨励した事により高松藩主、松平頼恭が平賀源内に命じて砂糖づくりを研究させたことから始まります。 そして向山周慶という人物が苦心の末に白砂糖を完成させました。その後、特産品として全国各地に広がり、和菓子の発展にも大きく貢献しました。 ところが西洋砂糖の渡来とともに衰退し、現在ではごく小量のみを製造しています。 弊社は「讃岐三盆糖保存会」の会員として、伝統ある和三盆糖の製法・味を後世に伝える活動をしております。 アレルギー物質該当無し販売者株式会社彩雲堂〒690-0064 島根県松江市天神町124露堂々(ろどうどう) 昔ながらの製法(手作業)で作られる貴重な和三盆糖を、四国の製造元から特別に分けてもらっています。 口に入れると雪のように溶け、ほのかな甘さが残ります。 お茶席はもちろん、自宅・職場で淹れるブラックコーヒーのお供としても最適です...

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク