メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「北海道産いくら」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

青木ソバ粉 石臼挽き十割そば粉 北海道産キタワセ種 1kg

Amazon

1,799

青木ソバ粉 石臼挽き十割そば粉 北海道産キタワセ種 1kg

創業明治35年の栃木の老舗、『青木ソバ粉』が国内産の優良な原料を選定し、風味を損なわないようゆっくり丁寧に石臼挽きして仕上げた蕎麦粉を真空パックにして挽きたての状態でお届けします。 本品は北海道産キタワセ種1kg詰めになります。小麦粉等のつなぎを含まない100%の蕎麦粉(いわゆる十割蕎麦)です。国内産の優良な玄蕎麦(殻付きの蕎麦の実)を原料としております。原料の玄蕎麦は必ず当年度産の国内産であり、越年のもの(いわゆる「ひねもの」)は使用致しません。 「受注製粉」のご注文の受付は毎月第2木曜締め切りで、その後出荷開始となる毎月第3土曜までに極力近い日程で製粉を行い、速やかにお客様へお届け致します。 ソバ粉は製粉直後から変質(粉の表面にデンプンが析出)が始まり、時間が経つほど粉同士がくっつきにくくなり、製粉から大体30日以上経過すると十割で打つ場合の難度が上がっていきます。本品は在庫販売の他、オプションとして受注後に製粉し、2週間以内を目安にお客様へお届けする「受注製粉」に対応致します。こちらをご希望の方は販売店の【受注製粉】の出品からご注文をお願い致します。 お手軽にお試し頂ける1kg詰めと、お得にお求め頂ける4kgセットをご用意しております。産地のバリエーションには栃木県産と北海道産、銘柄は在来種、常陸秋そば種、キタワセ種をご用意しております。産地や銘柄の違いによる蕎麦の香りや味の違い、オプションの受注製粉による挽きたてのお蕎麦の打ちやすさの違いを是非お試し下さい。そば打ちやそばがきの他、ガレットにもお勧めです。

送料無料
手綯職人 稲庭うどん 北海道産小麦100% ギフト木箱 (160g×9束) 稲庭吟祥堂本舗 熟練した職人がこだわりぬいて作った本場稲庭うどん 良質の小麦粉を使用し洗練されたコシの強い手づくりの逸品

Amazon

5,300

手綯職人 稲庭うどん 北海道産小麦100% ギフト木箱 (160g×9束) 稲庭吟祥堂本舗 熟練した職人がこだわりぬいて作った本場稲庭うどん 良質の小麦粉を使用し洗練されたコシの強い手づくりの逸品

一本一本が手造り、それが吟祥堂のこだわりです。秋田県稲庭の地に長年受け継がれた伝統の技法を忠実に守り、練り、綯い、延ばし、干しまで全ての工程を手作業で行っています。機械造りにはできない緻密なうどんに仕上げました。【手綯職人稲庭うどん】日本料理の名工、山本省三氏が推奨する本場、本格手綯いの稲庭うどんです。つるりとした喉ごしとほどよいコシの強さ、手づくりの逸品をご堪能ください。【手綯職人が丹精こめてつくります】稲庭町に300年以上受け継がれてた匠技、練り、綯い、延ばし、干し、これら全ての行程はうどん生地の熟成と共にすすめていきます。人間の都合に合わせず、生地の都合に合わせて、無理をせず。生地は生きています。春には春の、夏には夏の、秋には秋の、そして冬には冬の生地があります。うどん職人は生地の感覚で四季を感じ取ることができます。荒練り、綯い、延ばし、干しまでの4日間、今日もいいうどんが出来ますようにと祈りながら。ゆるやかな時間の流れの中で、職人が1本1本、丹精こめてつくりました。

送料無料
手綯職人 稲庭うどん160g×5束 北海道産小麦100% ギフト木箱 稲庭吟祥堂本舗 現代の名工をうならせた本格手綯いの本場・稲庭うどん つるりとしたのど越しとコシの強い手づくりの逸品

Amazon

3,680

手綯職人 稲庭うどん160g×5束 北海道産小麦100% ギフト木箱 稲庭吟祥堂本舗 現代の名工をうならせた本格手綯いの本場・稲庭うどん つるりとしたのど越しとコシの強い手づくりの逸品

一本一本が手造り、それが吟祥堂のこだわりです。秋田県稲庭の地に長年受け継がれた伝統の技法を忠実に守り、練り、綯い、延ばし、干しまで全ての工程を手作業で行っています。機械造りにはできない緻密なうどんに仕上げました。【手綯職人稲庭うどん】日本料理の名工、山本省三氏が推奨する本場、本格手綯いの稲庭うどんです。つるりとした喉ごしとほどよいコシの強さ、手づくりの逸品をご堪能ください。【手綯職人が丹精こめてつくります】稲庭町に300年以上受け継がれてた匠技、練り、綯い、延ばし、干し、これら全ての行程はうどん生地の熟成と共にすすめていきます。人間の都合に合わせず、生地の都合に合わせて、無理をせず。生地は生きています。春には春の、夏には夏の、秋には秋の、そして冬には冬の生地があります。うどん職人は生地の感覚で四季を感じ取ることができます。荒練り、綯い、延ばし、干しまでの4日間、今日もいいうどんが出来ますようにと祈りながら。ゆるやかな時間の流れの中で、職人が1本1本、丹精こめてつくりました。

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク