メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「フランスのチョコレート」検索結果。

フランスのチョコレートの商品検索結果全278件中1~60件目

フランスお土産 ベキニョール ノア・ド・フランス くるみダークチョコレート 6箱セット

Amazon

4,212

フランスお土産 ベキニョール ノア・ド・フランス くるみダークチョコレート 6箱セット

シェフの間でも名高いフランス・ペリゴール地方の上質な大粒くるみを使用した、こだわりのくるみチョコレート。粒がしっかりして上品な味わいが特徴のくるみをカラメルコーティングした後、丁寧にダークチョコで包んだ大人の味わいです。パリ国際菓子見本市(INTERSUC)にてブルーリボン賞を受賞したことがあります。 《ベキニョール (Domaine de Bequignol)》 フランスペリゴール地方にてクルミリキュールの酒蔵としてはじまったベキニョール。 クルミの専門職人からチョコレートの職人知識と技を磨き、手づくりに近い形でチョコレート作りに励んでいます。 この地方は美しい自然に囲まれ、美食の地として知られています。 質の高いクルミが収穫されることで有名なペリゴールのクルミのほか、フォアグラなども有名です。 食への飽くなき探究心により鍛えられ、小規模ながらも真摯にものづくりに取り組む姿勢は、ベキニョールのそのおいしさに反映されています。 ※輸入時期により生産国が変わる場合があります。※輸入時期によりパッケージ等デザインは変わる場合があります。★ご希望の方には無料でおみやげ袋を同梱いたします。カート内の「ギフトの設定」で「【サービス袋】海外土産用」をご選択ください。

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (エクアドルEquateur 1枚)

Amazon

4,480

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (エクアドルEquateur 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ロスカラードLos Colorados 1枚)

Amazon

4,480

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ロスカラードLos Colorados 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ピウラブランコPiura Blanco 1枚)

Amazon

4,480

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (ピウラブランコPiura Blanco 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (プエルトカベッロ Puerto Cabello 1枚)

Amazon

3,980

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (プエルトカベッロ Puerto Cabello 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (トリニティTrinite 1枚)

Amazon

3,980

テレビで話題のフランス発 BONNAT CHOCOLAT ボナ サロン・デュ・ショコラ 板チョコ100g (トリニティTrinite 1枚)

一つ一つの違う板チョコレートのその複雑な個性は、幼い頃の記憶をよびさまし、目閉じると、まだ見ぬ土地へのノスタルジーをかき立てます。 ■歴史のストーリー■ フレンチアルプスの麓の町ヴォワロンに、ショコラトリーBONNATが誕生したのは1884年のこと。初代のフェリックス・ボナは、元々コンフィズリーとリキュール製造を手掛けていましたが、この年、フランスでいち早くチョコレート製造に乗り出しました。プラリネを使ったボンボン・ショコラ「パヴェ」は瞬く間に人気を博し、オレンジをチョコレートでコーティングした「クリュジェット」は、元祖オランジェットとして知られています。 そして、今では一般的になったシングルオリジン(単一産地)のカカオ豆を使ったチョコレートも、BONNATが世界に先駆けて発表したもの。BONNATは常にチョコレートの世界をリードしているのです。 ■チョコレート作りについて■ “ビーントゥバー"という言葉が生まれるはるか昔、1884年の創業当初から、BONNATは一貫してカカオ豆からのチョコレート作り、つまり焙煎から粉砕、コンチングを経て、タブレット(板チョコ)にするまでの一連の工程を行っています。 チョコレート製造に乗り出すにあたり、フェリックス・ボナが木製のウィノワー*を購入したのは1883年のことでした。機械や道具に対するこだわりも、7代目のステファン・ボナに引き継がれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク