メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「刺身」検索結果。

刺身の商品検索結果全1,801件中1~60件目

送料無料
若男水産 淡路島 サクラマス 600g [刺身用(皮なし)300g×2パック]

Amazon

4,192

若男水産 淡路島 サクラマス 600g [刺身用(皮なし)300g×2パック]

【内容】:サクラマス 約300g×2パック ※皮付き3枚おろしにした状態で約300gですので、皮なしの場合はグラム数が減ります。 【賞味期限】:冷蔵保存4~5日間 【保存方法】:要冷蔵(冷蔵便発送)【 原材料】:サクラマス(淡路島産) 【商品説明】:知る人ぞ知る、幻の高級魚・サクラマスついに登場!鮭鱒類の中で一番美味しいとされるサクラマスを、鳴門の潮の元、淡路島の漁場福良湾で育て上げました。 日本一潮流の速い鳴門海峡の近くで育てる事により、量・質ともに極めたサクラマスに成長し味がとても濃厚になります。 水揚げされたらすぐに調理しますので、美味しさそのまま!甘み、旨みが抜群です!脂が乗っているにもかかわらず、あっさりとしたその味わいはまさに絶品。旬を迎える今だけの季節、是非一度味わっていただきたいお魚です。 届いたら切るだけ!サクラマス(サーモン)をお好みの大きさに切るだけでお手軽・簡単♪食卓に花が咲きます。 お刺身OK!お子様に大人気のサーモンのにぎり寿司・手巻き寿司・カルパッチョ・焼き鮭に! 業務用サイズで、環境にも優しい、トレイなしのエコパック。 ストックパックですので、急なお客様にもすぐに対応出来てとても便利です。量が多いと感じる場合は、冷凍保存もできます。真空パックになっておりますのでお好きな時にお使い下さい。

馬刺し 刺身用 (1kg)

Amazon

5,990

馬刺し 刺身用 (1kg)

当店の馬刺しは、「世界一美味しくて、安心・安全な馬肉をお客様に提供すること」をコンセプトに製品作りをいております。一般的に、「牛肉や豚肉」は、熟成させることで旨味を増しますが、馬刺しに限っては、新鮮なものが一番美味しいといわれます。当店の馬刺しは全て冷凍処理( -20℃以下48時間以上)を行い、「冷凍馬刺し」での出荷を行っております。-20℃以下48時間以上の冷凍を行うことで、新鮮さを保ち、より安全な馬刺しとなります。また、全ての製品に賞味期限、加工者、ロットナンバーを付けておりますので安全安心の管理でお届けいたします。 馬肉は、高タンパク、低脂肪、低カロリーです。女性にもとっても人気があります。カロリーは牛肉の約1/2、豚肉の約3/4。脂質は牛肉の約1/5、豚肉の約1/2です。また、たんぱく質、カルシウム、鉄分、人間の体力の源になる グリコーゲン等の栄養素もきわめて多く含まれています。馬刺し通の方、まだ馬刺しを食していない方、是非、当店の馬刺し赤身をご堪能ください。 当店の馬刺しは、食べ切りタイプの約20g~50gの個食パックです。食べたい分だけ解凍ができて、ムダが少ない“個食パック"です。 メリット1・・ 少しずつ解凍できるので、新鮮で美味しいままの「馬刺し」が食べられる! メリット2・・約20g~50gの個食パックなので、切り分ける時にキレイにカットができる! メリット3・・冷凍保存も場所をとらずに便利に納めれる! 今回の馬刺しは、北米、南米、ヨーロッパの大自然で育った馬を使用しております。特徴は、1、脂のノリが抜群!2、旨みにコクがある!3、プリプリした食感!4、国産馬刺しと同じ種類の馬を使用! 5、鮮度の良い状態でキープ!と壮大な大自然で育った馬は格別です。 ■商品名:馬刺し 刺身用 ■内容量:馬刺し...

お刺身用 サザエ大1kg 山陰境港産

Amazon

1,400

お刺身用 サザエ大1kg 山陰境港産

お刺身用 さざえ お刺身に最適な 1粒 150g~250g すべてとりてたの天然地物!! うんちく..... サザエは北海道南部から沖縄までの水深1~10m位の岩礁域に住んでいます。夜行性で、昼間は岩の割れ目や穴に隠れ、夜になると這い出てきて、アラメやワカメ、ホンダワラなどの海藻を食べます。殻の色は褐色と緑が混ざり合った不思議な色をしていますが、これは食べる海藻によって変わります。内側はきれいな真珠光沢があるので、貝ボタンなどに加工されます。 産卵期はだいたい7~9月です。産卵後、2年の終わりから3年の初めに成熟し、殻高3~4cmに成長します。大きいものは10cmにもなり、サザエの雌雄は外見では分かりません。殻から身を取り出して内臓(ほとんどが生殖巣)の色がグリーン系ならメス、クリーム系ならオスです。 サザエの目利き.... 味は角の有無・殻の色には関係ありませんが、あまり大きな物(300g以上)となると、寿命は7~8年と言われていますのでかなり高齢となり、身が硬くなりあまり美味しくありません。壺焼きですと100g前後、お刺身ですと200g前後の物がベストです。また、好みにもよりますが内蔵は卵巣を持った雌の方が甘くて美味しいかとも思います。 サザエといえば刺身と壺焼きが代表ですね。刺身はお造りを買うと高いですが、殻付きを買ってきて自分で造ればグッと安上がり! また、サザエの磯の香りと歯ごたえが苦手という人は、刺身に切ってから熱 湯にくぐらせ、冷水に放って霜降りにしてみて下さい。食べやすくなりますよ。試してみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク