メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山芋」検索結果。

山芋の商品検索結果全224件中1~60件目

送料無料
ユニマットリケン ぎゅっと濃縮 飲む酵素 210g  2ヶ

Amazon

2,644

ユニマットリケン ぎゅっと濃縮 飲む酵素 210g 2ヶ

【清涼飲料水(植物発酵エキス飲料)】 【原材料】 砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、特濃デーツ濃縮果汁、植物発酵物乾燥粉末(デキストリン、黒糖、果実・野菜(オレンジ、パイナップル、バナナ、リンゴ、パパイア、グァバ、ニンジン、キウイフルーツ、その他)、野草エキス(パフィア、ローズマリー、カツアバ、紫イぺ、キャッツクロー、その他)、穀物(玄米、インゲン豆、トウモロコシ、オーツ麦、大麦、エンドウ豆、カシューナッツ、黒ゴマ、キビ、大豆、ライ麦、その他)、海藻(わかめ、昆布、海苔)、ハチミツ)、フィッシュコラーゲンペプチド、米酢粉末、植物発酵エキス(オリゴ糖、黒砂糖、プルーン、ヨモギ、大豆他)、植物発酵エキス(米麹、混合野菜エキス、コーンスターチ、黒砂糖、コンブエキス、酵母エキス、胡麻ミネラル)、植物発酵エキス(コリアンダー、ピーマン、山芋、ほうれん草、インゲン豆、その他)、クエン酸、香料、保存料(安息香酸Na)、甘味料(スクラロース)、(原材料の一部にキウイフルーツ、オレンジ、リンゴ、バナナ、大豆、ゴマ、カシューナッツ、モモ、ゼラチン、山芋を含む) 【召し上がり方】 本品1スティックを目安に冷たい水やお好きなお飲み物で3~5倍に薄めてお召し上がりください。 【栄養成分】 (1スティック(15g)あたり) エネルギー・・・17.7kcaL たんぱく質・・・0.6g 脂質・・・0g 炭水化物・・・3.8g ナトリウム・・・5.3mg 植物発酵エキス・・・1000mg コラーゲン・・・500mg 【保存方法】 高温多湿・直射日光を避けて冷暗所に保存してください。 【注意】 ・体に合わない時は、ご使用をおやめください。 ・スティック開封後は、保存せずすぐにお召し上がりください。 ・開封時に液がはねる場合がありますのでご注意ください。 ...

送料無料
くがにやあ かるかん プレーン味 270g×12箱 くがに菓子本店 手土産用におすすめ 棹タイプ

Amazon

14,082

くがにやあ かるかん プレーン味 270g×12箱 くがに菓子本店 手土産用におすすめ 棹タイプ

【くがにやあ かるかん】沖縄県うるま市の山芋「ヤマン」は、 粘りの強さとふんわりとした 柔らかさがあるのが特徴です。その「ヤマン」をふんだんに使用し、 鹿児島県と愛媛県産の山芋を更に 加えて仕上げました。職人によるひとつひとつ丁寧な 手作業の製造で、 ふんわりとした優しい歯ごたえのある、どこか懐かしい素朴で 豊かな味わいのある和生菓子です。「くがに」とは沖縄の方言で、漢字では“黄金"と表します。沖縄では「大切なものが輝いている様」という意味です。その“くがに"に因んで名付けられた「くがにやあ かるかん」。食べたお客様の笑顔がみたい、幸せをお届けしたいという想いが込められてます。【ヤマンとは】「ヤマン」のサイズは本土の山芋の大きさの数倍にもなります。粘りが強く柔らかいのが特徴で、酵素やポリフェノールが豊富に含まれており食物繊維もたっぷりです。沖縄県中北部は、島尻マージや国頭マージなどの沖縄独特の土壌で育った野生の山芋が古くから食用作物とされてきました。沖縄の方言で山芋(ダイジョ)は、ヤマンと言われ一株100kg近くの大きな芋になることで知られています。この山芋は、昔からヤマンスーブ (山芋勝負)というその芋の大きさを競う祭りがあり、年末に収穫して新年の正月に無病息災を祝う縁起のよい食材として人々に親しまれてきました。沖縄の自然薯とも言われるこの山芋は粘りが大変強く、柔らかいのが特徴です。その山芋を使用したこの「くがにやあ かるかん」は、トロっとしていてふんわりとした歯ごたえのある、どこか懐かしい素朴な味わいのお菓子です。

送料無料
くがにやあ かるかん バナナ味 290g×24箱 くがに菓子本店 手土産用におすすめ 棹タイプ

Amazon

27,180

くがにやあ かるかん バナナ味 290g×24箱 くがに菓子本店 手土産用におすすめ 棹タイプ

【くがにやあ かるかん】沖縄県うるま市の山芋「ヤマン」は、 粘りの強さとふんわりとした 柔らかさがあるのが特徴です。その「ヤマン」をふんだんに使用し、 鹿児島県と愛媛県産の山芋を更に 加えて仕上げました。職人によるひとつひとつ丁寧な 手作業の製造で、 ふんわりとした優しい歯ごたえのある、どこか懐かしい素朴で 豊かな味わいのある和生菓子です。「くがに」とは沖縄の方言で、漢字では“黄金"と表します。沖縄では「大切なものが輝いている様」という意味です。その“くがに"に因んで名付けられた「くがにやあ かるかん」。食べたお客様の笑顔がみたい、幸せをお届けしたいという想いが込められてます。【ヤマンとは】「ヤマン」のサイズは本土の山芋の大きさの数倍にもなります。粘りが強く柔らかいのが特徴で、酵素やポリフェノールが豊富に含まれており食物繊維もたっぷりです。沖縄県中北部は、島尻マージや国頭マージなどの沖縄独特の土壌で育った野生の山芋が古くから食用作物とされてきました。沖縄の方言で山芋(ダイジョ)は、ヤマンと言われ一株100kg近くの大きな芋になることで知られています。この山芋は、昔からヤマンスーブ (山芋勝負)というその芋の大きさを競う祭りがあり、年末に収穫して新年の正月に無病息災を祝う縁起のよい食材として人々に親しまれてきました。沖縄の自然薯とも言われるこの山芋は粘りが大変強く、柔らかいのが特徴です。その山芋を使用したこの「くがにやあ かるかん」は、トロっとしていてふんわりとした歯ごたえのある、どこか懐かしい素朴な味わいのお菓子です。

食品・スイーツのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク